昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/02/07

醤油打線&博多豚骨打線

 ラーメン評論家で「東京ラーメンショー」実行委員長の大崎裕史さんにもチームを組んでいただいた。チーム名は「東京ブラウンヌードルズ」。東京の醤油ラーメンの超名店が並ぶ豪華なオーダー。外国人選手(他県のお店)が2人混じっているのはご愛嬌ということで(笑)。

東京ブラウンヌードルズ(監督:大崎裕史)

1番 饗くろ㐂(浅草橋)

理由:提供が早いのと出塁率が高い(限定の種類が多いのにどれも高水準)。

2番 麺や 庄の(市ヶ谷)
理由:ブランド毎に味やコンセプトを変える業師。

麺や 庄の

3番 SOBAHOUSE 金色不如帰(幡ヶ谷)
理由:ホームランも打てるし打率も高い。

4番 中華蕎麦 とみ田(松戸)
理由:千葉からの外国人枠。不動の4番バッター、安定感バツグン。

中華蕎麦 とみ田

5番 麺屋武蔵(新宿他)
理由:地域一番店が多い。勝負強い。

6番 らーめん天神下 大喜(御徒町)
理由:どれも美味しいオールラウンドプレイヤー。

らーめん天神下 大喜

7番 一条流がんこラーメン 総本家(四谷三丁目)
理由:クセモノ打者。

8番 春木屋(荻窪他)
理由:安定人気の老舗。

9番 麺や七彩(八丁堀)
理由:明日にもたれない上品な一杯。

麺や七彩

代打 支那そばや(戸塚他)
理由:神奈川からの外国人枠。亡くなった佐野実さんの代打で暖簾を守り続ける名店。

先発 Japanese Soba Noodles 蔦(巣鴨)
理由:大リーグ(ミシュラン)経験有りの本格派。

Japanese Soba Noodles 蔦

中継ぎ 支那そば 八雲(池尻大橋)
理由:醤油味だけで黒と白の2種類。さらにワンタン、焼豚という武器を持つ。球種の多さは一級品。

抑え 真鯛らーめん 麺魚(錦糸町)
理由:自慢の鯛雑炊で試合を締めよう。

真鯛らーめん 麺魚