昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載高野秀行のヘンな食べもの

高野 秀行
2018/02/13

水牛の脊髄ちゅるりん炒めに脊髄反射!――高野秀行のヘンな食べもの

※前回「ネパールにあった世界遺産級!の水牛グルメ居酒屋」より続く

イラスト 小幡彩貴

 世界遺産の中で世界遺産級に珍しくて美味な水牛料理に舌鼓を打っていた私。だが、このあとは驚愕の食材が連発した。

 入店当初から、台におかれた皿に、真っ黄色の細い管がとぐろを巻くように載せられているのが気になっていた。太さ約一センチ、長さ約一メートル弱。見るからに「異形」。小腸かと思うが、そのわりにはウネウネしておらずゴムホースのように滑らかだし、だいたい中身がつまっていて管ではなかった。「一体何だ、これ?」首をひねっていると、案内役の友人ミランさんが流暢な日本語で言う。

「これ、なんて言うかな、背中を通ってるズイみたいなもの……」

 え、脊髄!! 思わずピンと背筋を伸ばしてしまった。まさに脊髄反射だ。

鮮やかな黄色が不気味な脊髄。骨の髄まで食い尽くすのがネワール族の流儀

 しかし、他の動物でも脊髄を食べるなんて聞いたことがない。少なくとも私は知らない。ネワール族の言葉では「ティソ」。これはすでに茹でてターメリックで色づけしてあるという。おそらく、そのままの色だと気持ち悪いので色をつけたのだろうが、不気味さはいささかも減じていない。指でつまむと案の定、ぶよぶよしている。

 美人女将のギタ姐さんはこれを包丁で一口大に切り、タマネギ、ニンニク、黒ごまのような見かけのネパール人の好むスパイス、ジュラ(キダチトウガラシ)と一緒に手際よく油炒め。ようやく料理らしくなり、一安心。食してみれば、もっちりとしたマシュマロのような歯ごたえで、ちゅるりん、ちゅるりんという喉ごしが独特。味はあまり感じない。それこそマシュマロやコンニャクのように、味よりも食感を楽しむ料理か。

水牛の脊髄炒め

 正体不明で他の動物の肉でもお目にかかったことがないという点では、次の「ツォヒ」もすごい。平たい鍋にびっちり詰まっているものを指さし、ミランさん曰く、「血です」。