昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ニッチェ江上と筧美和子の姉妹が魅力 「犬猿」を採点!――シネマチャート

〈あらすじ〉

印刷会社の営業マン・金山和成(窪田正孝)の地味で静かな生活は、強盗罪での服役を終えた兄・卓司(新井浩文)がアパートに転がり込んできたことで終焉する。気性が荒く暴力的な兄に、和成は絶対に逆らえないのだ。小さな印刷会社を営む、勤勉で賢いが見た目が冴えない幾野由利亜(江上敬子)と、ルックスはいいが仕事ができない妹の真子(筧美和子)は、お互いをバカにし、ことあるごとに言い争っていた。取引先の和成に密かに好意を寄せていた由利亜は、真子と交際を開始した和成に、ストーカー行為をするようになる。また、卓司の怪しげな輸入ビジネスが成功したことで、和成の心は荒み始める。

〈解説〉

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督が、ある兄弟と姉妹を交差させて、人間の嫉妬や愛憎をあぶり出すヒューマン・ドラマ。103分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆小さな世界をイジイジと。好みではないが、これが今の邦画の活路かも。演者4人、好演。特に江上敬子のリアリズム!

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆兄弟姉妹の面倒臭さを抉ろうとしているが、やや説明過剰。芝居の速度をもっと上げれば、不条理な味も出たのではないか。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆血縁ならではの口にしてはいけない言葉を吐く展開に大笑いしつつ、己を重ねて思わず自嘲。ニッチェ江上敬子が秀逸。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆腹八分目の「いい話」に装填された毒気と鋭い眼力。吉田恵輔に掛かるとそこら辺の話が世界の縮図になる。配役も抜群。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆ニッチェ・江上嬢扮する姉と肉体張った筧の姉妹が愉快。時折大味な風景に熨(の)した人物がひらひら浮遊。それも味わいか。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018『犬猿』製作委員会
INFORMATION

「犬猿」(『犬猿』製作委員会)
テアトル新宿ほか全国にて公開中
監督:吉田恵輔
出演:窪田正孝、新井浩文、江上敬子(ニッチェ)、筧美和子 ほか
http://kenen-movie.jp/