昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価”

初のフリー打撃は柵越え「0」だった中村 ©共同通信社

 プロ野球キャンプも中盤を迎えたところで、注目の“高卒ドラ1トリオ”の下馬評も出揃いつつある。

 まず、日本ハムの清宮幸太郎内野手(18)は、一軍キャンプに参加しながらも右手親指打撲の影響で打たせて貰えず、守備練習漬けの日々。10日に守備で実戦デビューを果たし、ティーバッティングでようやくバットも振った。

「実戦デビューは無難にこなしました。打撃は心配ないと言われていますが、守備は、金子(誠)コーチに言わせれば『基本以前のこと』をやっている。担ぎ投げだったスローイングは肩を痛めない投げ方に改善されてきていますが、キャッチングは時間がかかりそう。よくも悪くも早実では放任され、全て“我流”なんです」(日ハム担当記者)

 一方、去年夏の甲子園で清原和博の一大会最多本塁打数記録を更新し、広陵高校から地元・広島に入団した中村奨成捕手(18)は二軍キャンプで汗を流す毎日だ。

「打つ方は、押し込んで打つ木製バット仕様のバッティングができなくて、ボールを飛ばせない状況です。守備も、コーチが付きっ切りで教えて『キャッチングが良くなった』と言われていますが、3連覇を狙うチームの一軍の壁は厚いですよ。磨けば光る原石であるのは間違いないので、球団も時間をかけて育てる方針です」(ベテラン記者)

 本人は開幕一軍が目標と公言するが、「それは2、3年先でしょう」(同前)。

 高卒トリオの中で下馬評が高かったのは、履正社からロッテに入団した安田尚憲内野手(18)だ。10日の紅白戦に4番として出場、初の実戦で2安打と結果を出した。

「『対応力がある』という評価です。守備面の問題点も指摘されておらず、高卒ルーキーが苦労する木製バットへの対応も、他球団のスカウトから『バットを折ったのを見たことがない』『高卒1年目とは思えない』という声がしきりです」(ロッテ担当記者)

 取材への対応力も上昇中。

「オフの日に水牛車に乗ったら、『水牛パワーで頑張ります』。僕らが使いやすいコメントをくれるようになってきました(笑)」(同前)

 このまま怪我なくいけば開幕ベンチ入りは濃厚という。

 三者三様の“キャンプ生活”からは各球団の台所事情も透けて見えてくる。