昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キムタク&山口智子 22年ぶり共演に大喜びした斎藤工

 2月22日に放送されたキムタク主演のドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日)において、木村拓哉(45)と山口智子(53)が“伝説の月9”「ロングバケーション」(フジテレビ)以来となる、22年ぶりの共演を果たしたことは大きな話題となった。

 現場での二人の様子をドラマ関係者が語る。

「山口さんの衣装合わせの日に、再会した瞬間、2人はハグしあって、木村さんが山口さんを抱き上げたんです。その場にいた全員が『ウォー』って注目したら、木村さんが『みせもんじゃねーぞ!』と(笑)」

22年ぶりに共演した山口智子(左)と木村拓哉(右)。山口効果で視聴率もアップ ©スポーツニッポン/ゲッティ/共同通信イメージズ/時事通信社

 実は、現場で誰よりも盛り上がっている共演者がいるという。

「斎藤工(36)です。彼は“ロンバケフリーク”なんです」(同前)

「仁義なき戦い」フリークでもある斎藤 ©文藝春秋

 平均視聴率29.6%を誇った「ロンバケ」放送時、斎藤は中学生だったというが――。

「それ以降、何十回と見返しているそうで、すべての場面の状況とセリフをそらでいえる。現場では二人のいるタイミングを見計らって、斎藤がロンバケの名場面をリクエスト。木村と山口が、その場面を軽く演じて見せたときには、斎藤は興奮して、ハシャいでいたそうです」(同前)

 斎藤の“ロンバケフリーク”ぶりの詳細は3月1日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像