昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載読書間奏文 藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)

サラバ!――読書間奏文 藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)

 母がなにか本を貸してと言うので、私は部屋の本棚をぐるりと一周見上げて考えた。さて、どれを貸そう。

 私の部屋に本がたくさんあることを知っている母は、家にくると時々本を借りていくようになった。こんなふうに私のおすすめを聞いてくることもある。

 少し考えて、私は西加奈子さんの本を何冊か選んだ。

 西加奈子さんの小説の中には、よく関西人の家族が登場する。

『円卓』に出てくる家族も、『漁港の肉子ちゃん』に出てくる肉子ちゃんも関西人だ。

 そして私の両親も、大阪生まれ大阪育ちの生粋の関西人なのだ。

 とりわけ私が好きな小説『サラバ!』の中にも、天真爛漫な関西の母親が登場する。母が『サラバ!』を読む姿を想像して、私はつい笑ってしまった。『サラバ!』では、母親がクリスマスプレゼントの為に娘の欲しいものを聞こうと苦心するシーンがある。しかし頑なに「サンタさんにしか言わない」と繰り返す娘にしびれを切らして、母はつい、

「サンタはおらん!」

 と、娘の前で叫んでしまうのだ。

「サンタさんはいないのよ」

 でもなく、

「サンタさんは来ないのよ」

 でもなく、

「サンタはおらん!」

 と母は言う。

 そこまで言わんでもええやろ! と思わず私も関西弁で突っ込んでしまいたくなるシーンだ。

 標準語の「いない」に比べて、ぐっと雑で突き放したような響き。それでいて、なんだかぷっと笑ってしまう暖かさのある関西弁の「おらん」。

 西加奈子さんの本を母が読んだら、まるで自分を鏡で見ているような気分になるかもしれない。

「また随分と分厚い小説やなあ」

「きっと気にいると思うよ」

 母は家から持ってきたお惣菜を入れていた紙袋に『サラバ!』の上下巻を入れて部屋を出ていった。

 

 音楽スタジオも併設しているセカオワハウスと実家は車で二十分ほどの距離にあるので、母はご飯を持ってよく家に来てくれる。その日も味噌漬けにした魚や筑前煮、小松菜と油揚げの煮物を持ってきて、味噌汁まで作ってくれた。

 絶対に二人しか食べないと分かっていても、母はいつも五人前くらいの料理を作って持ってくる。突然の来訪があっても、

「お腹空いてへん? ご飯食べる?」

 と誰にでも聞ける状態にしておかないと落ち着かないというのが母の性分らしい。関西人というのはみんな鞄に飴やお菓子を入れては、隣にいる知らない子供にまで配ろうとしたりするような所がある。