昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

鳥集 徹
2018/03/13

Q18 がんの再発はいつまで心配すればいい?――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A

 生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らないことも多いのではないでしょうか。そこでジャーナリストの鳥集徹さんに、素朴な疑問をぶつけてみました。参考文献として信頼できるサイトのリンクも紹介しています。いざというときに備えて、知識を蓄えておきましょう。

A18 目安は5年ですが、種類によって違います。

 がんに関して、みなさんも「5年生存率」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これはがんと診断された人が、5年後にどれくらいの割合で生きているかを示した数字です(より正確に言えば、がんの統計では日本人全体の5年後の生存率と比較した「がん5年相対生存率」が使われています)。

 なぜ「5年」という数字が使われてきたかというと、手術などでがんを残さず治療できた場合、診断(または治療)から5年経てば再発することが少なく、「治癒」と見なすことができると考えられてきたからです。

「全国がんセンター協議会(全がん協)」が調査しているデータを同協議会のサイト「KapWeb」で調べてみると、5年相対生存率(1998~2008年/手術症例)は、胃がん(75.3%)、大腸がん(72.6%)、肝がん(51.3%)、肺がん(68.5%)、乳がん(女性、91.9%)、前立腺がん(男性、100%)でした。がんの種類や進行度によっても異なりますが、手術を受けた場合はこれだけの人が治癒の目安となる5年生存を達成できるわけです。

©iStock.com

 ただし近年、がん患者を長期に追跡して調べた結果、5年を過ぎても再発する場合もあることが分かってきました。そこで、同じ全がん協サイトで10年相対生存率(1998年~2008年/手術症例)をあらためて見ると、胃がん(72.5%)、大腸がん(69.3%)、肝がん(30.4%)、肺がん(57.4%)、乳がん(女性、84。6%)、前立腺がん(男性、100%)でした。

 5年後と10年後の相対生存率の差を比較すると、胃がん(差2.8)、大腸がん(差3.3)では、5年後に再発する人が少ないことがわかります。前立腺がんに至っては、10年後も100%(前立腺がんでは死んでいない)という結果です。

 しかし、肝がん(差20.9)、肺がん(差11.1)、乳がん(差7.3)などは、5年を過ぎても一定の割合で再発する人が多いことが見て取れます。肝がんは肝炎や肝硬変から発症し、肝臓全体が発がんしやすい状態になっていることが多いとされています。10年生存率の数字からも、それが見て取れると言えるでしょう。

 したがって、5年が治癒の一応の目安と言えますが、再発のリスクはがんの種類や進行度によっても異なり、5年を過ぎても再発することがありうることは知っておいたほうがいいでしょう。

 ただし、あまり心配し過ぎると、せっかく手術で切除できたとしても、ずっとストレスを抱えて生活しなければいけなくなります。がんのことばかりを考えるのではなく、「一病息災」と気持ちを切り替えて、ぜひ健康的な生活を心がけるようにしてください。

【参考】全国がんセンター協議会「全がん協生存率調査」

この記事の画像