昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

花粉症「今年はひどい」の声多し インフルエンザの影響か?

 今や日本人の国民病ともいえる「花粉症」の季節がまたやって来た。

 日本気象協会の発表によると、関東地方の一部では早くも1月23日に花粉の飛散が確認されており、広い範囲で昨シーズンの飛散量を上回る見込みだ。

スギの雄花には、一つあたり約50万の花粉が ©共同通信社

 すでに首都圏の耳鼻咽喉科には数多くの患者が訪れており、昨シーズンに比べ深刻な症状を訴えるケースも少なくないという。

 その一因として考えられるのは、昨年末から今年にかけて猛威を振るったインフルエンザの影響だ。三茶おはな耳鼻科の松尾有希子院長が指摘する。

「今年は患者さんの数も増えていますし、例年に比べて症状がひどい方が多い。インフルエンザや風邪が完治しておらず、それに伴う様々な症状を抱えているのに、間髪入れずにスギ花粉の飛散が増えてきてしまったことが理由として考えられます。風邪を引いたまま花粉症になる、あるいは花粉症の状態で風邪を引いてしまうことで、気管支炎になるケースもみられます。免疫力が低下している時はアレルギー症状も強く出るので、タイミングが悪いとしか言いようがありません」

 花粉の出所であるスギやヒノキの生育には、前年の6月から8月頃にかけての気象条件が大きく影響するとされる。その時期に気温が高く、日照時間が多く、降雨量が少ないと花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が増加するのだ。

 日本気象協会は北海道、九州を除く広範囲で、昨シーズン比で「非常に多い」「多い」「やや多い」飛散量を予想している。福岡はすでにスギ花粉の飛散量のピークを迎えているが、高松、広島、大阪、名古屋は3月上旬〜中旬、金沢、仙台では3月中旬〜下旬にピークを迎える見込み。東京のピークは3月上旬から4月上旬とされ、他と比べ飛散の期間が長い。

「ストレスが多い方や不眠が続いている方などは症状が強く出ることも多いので、よく食べ、よく眠り、よく運動をするなど、人間が基本的に必要としている行動を取ることが症状の抑制に効果的です。そのうえで花粉の飛散予報に従い、防護していただきたいと思います」(松尾院長)

 花粉対策に王道なし。皆さま、ご自愛を。