昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2016/04/27

“おせっかい文化”をビジネスメソッドに

『どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ』 (ANAビジネスソリューション 著)

source : 週刊文春 2016年4月21日号

genre : エンタメ, 読書

 2001年の米国同時多発テロは、世界中の航空会社に大打撃を与えた。旅客が激減し、同業他社が経営統合やリストラを断行する中、「顧客満足の追求」によって困難を乗り越えたANA。本書はその過程で同社の従業員たちが発見した、創業以来脈々と受け継がれる《ANAらしさ》――《青い血》をまとめた1冊だ。

「この本が出るまで、ANAさんのお仕事にまつわる感動エピソード集のような本はあっても、ビジネス書として書かれた本はなかったんです。そこでお話を聞きに行ったら、いきなり《青い血》のとても熱いお話が飛び出しまして、ぜひ本にしたいと考えました」(担当編集者の田中怜子さん)

《青い血》とは、ひとことでいうと《おせっかい》の文化だ。安全第一の空の現場で、少しでも気になったことがあれば、従業員はお互いに「あれっ、大丈夫?」と声を掛け合う。簡単なことだが、数万人規模の大会社で行うのは容易ではない。そのための実践的なノウハウが詰まっている。

「面白いことに、お盆や年末年始には特に売上が伸びるんです。みなさん、その時期に里帰りなどで飛行機を使われるじゃないですか。書いてあることが機内で実際に行われているかどうか、確認されるみたいです。そのくらいの身近さも、ご好評の理由だと思います」

 昨年末にはシリーズ第2弾『ANAの気づかい』も登場。セットで空の旅のお供にされてはどうだろう。

どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (単行本)

ANAビジネスソリューション(著)

KADOKAWA/中経出版
2014年7月1日 発売

購入する

2014年6月発売。初版8500部。現在15刷6万9000部

はてなブックマークに追加