昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2016/05/04

世界が注目する“日本の強み”を紹介

『ハーバードでいちばん人気の国・日本』 (佐藤智恵 著)

source : 週刊文春 2016年4月28日号

genre : エンタメ, 読書

  世界最高峰の教育機関、ハーバード大学。中でも経営大学院は、候補生も含め世界中のビジネスエリートが集う、経済の重要拠点だ。今、その関係者から日本は大きな注目を浴びている。

「『失われた20年』として日本経済の不調などが問題視された時期もありましたが、米国でもリーマン・ショック以降の経済危機があり、中東やヨーロッパもテロの脅威にさらされています。そうした社会情勢の変化の中、グローバルな文脈で日本が再評価されつつあるんです。この本に書かれているのは、そうした世界の目線の変化を示す、イデオロギーから自由なファクト(事実)です」(担当編集者の藤岡岳哉さん)

 盛り込まれた「ファクト」は多岐に渡る。「新幹線お掃除劇場」で知られるテッセイをはじめ、トヨタ、ホンダ、グリーなど企業の事例があるかと思えば、先物市場の先駆である徳川時代の米市場、明治維新の革新性、広島への原爆投下を受けての昭和天皇の行動など、歴史の事例も数多い。それらはすべて、実際にハーバードで教材として扱われているのだという。証言を織り交ぜつつ、日本の高い人気を示していく著者の手つきは、とても鮮やかだ。

「抽象的なオピニオン(主張)ではなく、エピソードによって構成され、ストーリーとして読めるところも、本書の魅力だと思います。そのおかげもあってか、類書に比べて、女性の読者が多いのも特徴ですね」

ハーバードでいちばん人気の国・日本 (PHP新書)

佐藤 智恵

PHP研究所
2016年1月16日 発売

購入する

2016年1月発売。初版1万3000部。現在8刷15万3000部

はてなブックマークに追加