昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載桜庭一樹のシネマ桜吹雪

『女は二度決断する』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

若いネオナチとその父

2018/03/18
© 2017 bombero international GmbH & Co.KG,Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co.KG,Warner Bros.Entertainment GmbH

 昔からの知人と、久しぶりに食事をした。楽しく過ごして、帰りに連絡先を交換しようとしたところ、「わたし韓国嫌いだからLINEはやってないの」と言われて、「えぇー!」と椅子から転げ落ちそうになった。

 そういう流れが世の中にあることは、知っていた。でも、自分からはるか遠いところにいる人たちの、特殊な考え方なんだと、ずっと勘違いしていた……。

 この映画は、ドイツを舞台にしたヒューマンドラマだ。ダイアン・クルーガー演じるカティヤはトルコ移民の夫と息子と幸せに暮らしていた。でもある日、夫の事務所がテロの標的になり、二人が殺されてしまった。

 警察は移民どうしのトラブルと決めつけ、死んだ夫を罪人扱いする。カティヤは孤独と絶望で自殺を図った。そこに「容疑者がみつかった」と連絡が。容疑者はドイツ人の若いネオナチだったのだ。

 通報したのは、容疑者の父親、メラー氏。自宅倉庫で爆弾製造の痕跡をみつけたためだ。メラー氏からすると、ある日気づいたら、息子がテロリストになっていて……。

 難航する裁判。移民への偏見に満ちた法廷で、カティヤに敬意を持って哀悼の意を伝えたのは、皮肉にもこのメラー氏だけだった。

 二人が法廷の外で短い会話をするシーンが、忘れ難い。同じ北部出身だと知って、メラー氏が「いつか家にコーヒーを飲みにきて下さい」と頼むのだ。わたしはまず、のんきなことを言うなぁとあきれて、それから、いや、今のは「生きていきましょう」という懇願なんだなと思い直した。彼もまた、通報したことで息子を失った父親なのだ。

 ひどい裁判の後、カティヤには三つの選択肢が残された。自殺する。復讐する。生きて、ある日、メラー氏の家にコーヒーを飲みに寄る。

 観終わってから、タイトルの意味がよくわかり、わたしは打ちのめされました。

INFORMATION

『女は二度決断する』
4月14日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー
http://www.bitters.co.jp/ketsudan/