昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「不動産・土地」運用・活用の悩み、解決しませんか? 相談するなら、こんな会社

東急住宅リース「戸建てから1棟マンション・ビルまで資産運用サービスを提供」

賃貸経営はもちろん、リフォームやリノベーションなど、多岐に渡る不動産・土地活用に頭を悩ませるオーナーは少なくない。東急住宅リースなら最善の解決策へと導いてくれる。


管理戸数は84000戸 包括的なサービスが魅力

「稼働率を上げたい」や「賃貸管理会社を切り替えたい」、「遊休地の有効活用を検討したい」など不動産に関する悩みは尽きない。そんなオーナーの抱える課題に対して最善の解決策を提案できるのが東急住宅リースだ。同社は2015年4月、マンションやビルの管理・運営が強みの東急コミュニティーと、不動産の売買・賃貸仲介の東急リバブル、賃貸住宅管理や社宅代行の東急リロケーション3社の賃貸管理事業の統合により誕生した東急不動産ホールディングスグループの事業会社の1社だ。賃貸経営から海外投資家向けサービス、コンサルティングやリフォーム・リノベーション工事、建物管理など幅広い「資産運用サービス」を提供できる体制となった。

 
 

 賃貸経営では、事業の企画から管理・運営までをワンストップで手掛ける。対応可能な物件タイプは、戸建て・分譲マンションの1戸やアパート・マンション・ビルの1棟などさまざまで、管理戸数は首都圏、関西を中心に約84000戸と実績も豊富だ。また、一般的な運営代行システム以外にも、オーナーの保有建物を同社が一括で借り受け一定の家賃を保証する「サブリースシステム」や、転貸型の「MLマネジメントシステム」などがある。

東急住宅リース ソリューション事業本部 資産受託三部 第三グループ 主任 平田浩隆氏
東急住宅リース ソリューション事業本部 資産受託三部 第三グループ 主任 平田浩隆氏

 東急住宅リースソリューション事業本部 資産受託三部の平田浩隆氏は、「賃貸経営のサポートも手厚く行っています。例えば、専門家と協力しながら相続対策や税務のアドバイスをしたり、当社とご契約のオーナーさま向けセミナーを年10回程定期的に開催しています」と話す。

 そのほか、オーナーにとって物件の収益改善は重要なテーマだ。例えば、資産価値の向上に向けて、高級感溢れる住まいを創出する『リモデルアップ』や、無垢の床を基調としたナチュラル系リノベーションが特徴の『T×HAPTICwithHANDS』といった定額制リノベーション商品を提案する。複数の施工会社や設備会社と業務提携を結ぶ同社だからこそ可能なサービスといえよう。

 平田氏は、「グループ会社や、専門家、他業種企業との連携が作り出す『かけ算のパートナーシップ』で、お客さまの資産を未来へ育んでいきます。賃貸経営に関わるご相談ならぜひ、東急住宅リースをご検討ください」と語る。

INFORMATION

東急住宅リース
お問い合わせ先
03-6901-6210(平日 9:30~18:00)
http://www.tokyu-housing-lease.co.jp