昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上彰氏「ティラーソン氏がトランプ政権の暴露本を執筆することを期待しています」

池上さんに聞いてみた。

2018/03/27

Q トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任した理由は?

 トランプ大統領は、ティラーソン国務長官を解任するとツイッターで明らかにしました。米朝会談を行うと宣言したトランプ大統領。ティラーソン国務長官は北朝鮮との対話による問題解決を重視していた人なのに、なぜ解任してしまうんですか?(20代・男性・学生)

A トランプ大統領の部下への評価基準は「自分に忠誠心を持っているかどうか」です。

 トランプ大統領の部下への評価基準はひとつだけ。自分に忠誠心を持っているかどうかです。

 ティラーソン国務長官は、外交交渉を重視し、北朝鮮を武力で脅すというトランプ大統領のやり方に異議を唱えてきました。トランプ大統領は、これが気にいらなかったのです。

 さらに内輪の会合で大統領のことを「バカ」と呼んだことが報じられた際、ティラーソン氏は、この報道を否定しませんでした。本当だったのですね。トランプ大統領にとっては許しがたいことでした。

 そこで大統領は、「ティラーソンをクビにすることを考えている」という情報を自らリークしました。これが報道されれば、ティラーソン氏は嫌気がさして辞任するだろうと考えたのです。

レックス・ティラーソン氏 ©getty

 ところが、ティラーソン氏は意地でも辞めようとしなかったのです。そこで大統領は、ティラーソン氏に恥をかかせるやり方で辞めさせました。アフリカ諸国を歴訪中にツイッターで後任を決めたことを明らかにしたのです。

 これはアフリカ諸国をバカにしています。アメリカの国務長官と会った途端、その人が辞めさせられたのでは、何のために会ったのだ、ということになるからです。国務長官を辞めさせるのであれば、アフリカ諸国に行く前にすべきでした。

 ティラーソン氏は腹が煮えくり返っているはずです。政府首脳が辞任するときには、ウソでも大統領への感謝の言葉を述べるもの。ティラーソン氏は、それすらしませんでした。いずれトランプ政権の内幕を暴露する本を執筆してくれることを期待しています。

 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム