昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

41歳元アイドル妻と駆け落ち 21歳大学生は「旦那を殺したい」

 41歳の元アイドル妻と20歳年下の大学生Aくん(21)による駆け落ち。妻の失踪直後、大学生が夫を逆恨みし、「俺が殺しに行く」などと語っていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

Aくん(右)との2ショット

 千葉県浦安市在住の元歯科医・徳永数馬さん(56)の妻で、3男1女の母である智子さん(41 仮名)がパジャマ姿のまま自宅を飛び出したのは、今年2月24日早朝のことだった。

 智子さんが残した携帯電話に、失踪に繋がる“証拠”があったという。

妻と数馬さん

 長女(18)が明かす。

「携帯の履歴の中に、ひとつだけ毎日のように通話をしている電話番号がありました。お母さんが出て行った朝、かけてみたらAくんが出たんです」

同居していた長女(右)と
スマホに残された熱烈な文言

 智子さんと長女の声は瓜二つ。Aくんが智子さんからの電話だと早とちりしたため、長女は咄嗟に母親に成りすまし、そのまま通話を続けた。

「私は、彼が別れてくれたらお母さんの居場所がなくなって、帰ってきてくれるかなと思ったのです」(同前)

 別れ話を切り出す長女に動揺したAくんは、別れを激しく拒絶。感情が高ぶったのか、物騒な発言も飛び出した。

「『あいつがいるから俺達は一緒になれない』って言い出して。あいつとはお父さんのことを言っているみたいなんですけど、『俺が殺しに行く』と。それはダメだよとたしなめても、『じゃあ智子ちゃんが殺してよ』って。そこまでお母さんのことを想っていたのかと、こっちが驚いてしまって……」(同前)

 長女によればAくんとの通話は1時間半ほど続いたという。

 3月29日(木)発売の「週刊文春」では、長女とAくんの通話の中身、徳永家の人々へのインタビューにくわえ、2人が駆け落ちに至った真相について迫っている。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで3月29日より全文公開します。

この記事の画像