昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「俳優好感度ランキング」綾瀬はるかが王座奪還。玉木宏はV2達成

「週刊文春」恒例のアンケート企画「好きな俳優」「嫌いな俳優」の最新版調査で、「好きな女優」部門において、綾瀬はるか(33)が3年ぶりに王座奪還。「好きな男優」部門では玉木宏(38)がV2に輝いた。

「好きな女優」1位、綾瀬はるか ©文藝春秋
「好きな男優」1位、玉木宏はV2 ©時事通信社

 アンケートは2月22日から3月16日まで約3週間にわたって、文春オンラインの無料メルマガ会員を対象に実施され、下は12歳から上は86歳まで、全体で5200超の票を集めた。

 結果、「好きな女優」部門では、前回(2017年4月6日号)前々回(2015年12月17日号)と連覇を達成した、のん(24)がトップを明けわたし2位に。綾瀬は前々々回(2015年3月12日号)までV5を成し遂げていたが、3年ぶりのトップに返り咲いた。2位ののんとは7票の僅差だった。3位には前回2位だった新垣結衣(29)が滑り込んだ。

「好きな女優」2位、のん。1位とは7票差 ©文藝春秋
「好きな女優」3位、“高好感”女優・新垣結衣 ©共同通信社

 一方、「好きな男優」部門のベスト3は、前回とまったく同じ顔触れ。1位は玉木、2位は阿部寛(53)、3位は木村拓哉(45)だった。2月に66歳で急逝した名バイプレイヤー、大杉漣が6位に入った。

 
「好きな男優」2位は前回同様、阿部寛 ©時事通信社

「嫌いな女優」「嫌いな男優」部門では、それぞれのワースト10のうち、女優は2名、男優は4名が前回圏外からランクインしたニューフェイス。みな「今が旬」と言われる若手俳優だった。

 全4部門でのトップ15のランキングと、メルマガ会員の回答は、3月29日(木)発売の「週刊文春」で4ページにわたり詳報する。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで3月29日より全文公開します。

この記事の画像