昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さま、佳子さま、愛子さま それぞれのファッション事情

「平成」を生きる女性皇族の素顔――皇室担当記者座談会 #1

 ご婚約が内定した秋篠宮家の長女・眞子さま。ご婚約会見では、「お互いをファーストネームで呼び合っている」など、お相手の小室圭さんとの仲睦まじい様子が語られた。そして成年皇族になられ、ますます一挙手一投足に注目が集まる佳子さまと、高校生になって女性らしさに磨きがかかる愛子さま。若きプリンセスたちと、昭和世代の女性皇族たちの、ファッションから見える「皇室」とは。

◆◆◆

記者A 眞子さまと小室さんのご結婚への姿勢は、ご両親である秋篠宮ご夫妻のご結婚当時を思い出します。

婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん ©JMPA

デスクB 秋篠宮さまは紀子さまの「初恋」のお相手でした。ご婚約会見で、紀子さまが「礼宮(あやのみや)さま(現在の秋篠宮)が初恋の人ですか?」と記者に質問され、「申し上げてよろしゅうございますか」と横にいる秋篠宮さまを見つめ、「はい、そうでございます」と答えられるという名場面もありました。

眞子さま(2014年春の園遊会) ©JMPA

記者C 眞子さまは、ご婚約会見時にお召しになっていたミントグリーンもよくお似合いでしたが、寒色がお似合いですね。佳子さまは逆に、ピンクやうすい黄色など、暖色がお似合いです。

記者A 佳子さまが初めて出席された、2015年6月にフィリピンのアキノ大統領を迎えた宮中晩餐会でのピンクのドレスは、清楚でとてもよくお似合いでした。2016年11月のシンガポールのトニー・タン大統領と夫人を迎えての宮中晩餐会でお召しになっていた黄色のドレスも、佳子さまの魅力を存分にアピールするものでした。

記者C 学生時代の眞子さまは、おしゃれというよりは真面目なタイプ。ICUご卒業後、イギリスのレスター大大学院に留学されましたが、2015年9月に帰国された時、急にお綺麗になられたのが印象的でした。

デスクB ご帰国時、アイラインを濃い目に引かれていたのは衝撃でしたよね。ストレートのロングヘアで前髪をパツッと切りそろえ、とてもおしゃれになられたな、と。

記者A 小室さんからのプロポーズを承諾し、ご結婚に向けて交際が順調に進んでいた頃だったわけです。

英国留学から帰国されたときの眞子さま ©JMPA

記者C 女性らしさが増したというか。学生時代の眞子さまは、周りに比べても地味なファッションでした。トレーナーとギャザースカートにフリンジ付きのUGG(アグ)のブーツを合わせるなど、カジュアルなファッションが多かった。

記者A 佳子さまも私服ではアメカジブランドがお気に入りのようです。「リトリート」(ICUの新1年生が参加する1泊2日の合宿)で着ていらしたタンクトップはアメリカンイーグルのものでした。アバクロンビー&フィッチもお好きなブランドのようです(2015年10月8日号)。

この記事の画像