昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「頭が真っ白になった」藤井聡太六段の連勝を止めたおじさん棋士の告白

藤井聡太六段 ©共同通信社

 この一年の藤井聡太六段(15)の活躍は凄まじかった。2日に発表された2017年度将棋大賞において対局数、勝数、勝率、連勝数の記録四部門を独占(史上3人目)。特別賞と新人賞も受賞した。

 藤井六段といえば一昨年12月から昨年6月にかけて達成した29連勝だが、実は今年1月からも再び勝ち続け、16連勝まで伸ばしていた。

 ところが3月28日、中学生最後の対局に臨んだ藤井六段は久々の敗北を喫した。“連勝ストッパー”は井上慶太九段(54)。かつて順位戦A級に3期在籍した強豪だが、昇竜の勢いの天才少年を止めるのは難しいと思われていた。井上九段が振り返る。

「いやもうグッタリ疲れました。集中していたんでしょうね。本当はいつもそのくらい集中して指さないとアカンのですけど(笑)」

感想戦の様子 ©共同通信社

 親子ほどに歳の違う藤井六段との対局に際しては、「恥ずかしくない将棋を指せれば」との心境だったという。

“39歳差対決”を制した井上九段 ©文藝春秋

 対局は、あえて古い戦法をぶつけた井上九段有利に進んだ。113手目、決め手の「3四桂」を指した際には「頭が真っ白になった」という。

「勝ちになった、これを逃すわけにはいかない……そう思うともう一手も読めない精神状態に追い込まれました。この年になってあんなに緊張するとはねえ(苦笑)。対局後、携帯には祝福の留守電やメールを50件以上いただきました。嬉しかったですねえ」

 詳しくは、4月5日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像