昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

睡眠をこよなく愛する阿川佐和子さんがマニフレックスを選んだ理由とは

文筆業にとどまらずテレビ、ラジオでも活躍する阿川さん。その元気の源となっている大切な睡眠をサポートするマニフレックスのマットレスについてお話を聞きました。


阿川佐和子 作家・エッセイスト
1953年東京生まれ。作家・エッセイスト。代表作『聞く力』は170万部超のベストセラーに。近刊に大石静さんとの共著『オンナの奥義』がある。トーク番組や討論バラエティ番組のレギュラーのほか、映画やドラマでも活躍。マルチな才能を発揮している。
阿川佐和子 作家・エッセイスト
1953年東京生まれ。作家・エッセイスト。代表作『聞く力』は170万部超のベストセラーに。近刊に大石静さんとの共著『オンナの奥義』がある。トーク番組や討論バラエティ番組のレギュラーのほか、映画やドラマでも活躍。マルチな才能を発揮している。

「ある意味人生の半分はベッドにいると思う」と言うほど寝ることが大好きな阿川さん。原稿書きやテレビ出演など忙しい毎日を送りながらも、睡眠時間は1日7時間を確保している。

「その日のスケジュールに合わせて起きる時間も寝る時間もまちまちなので、毎日7時間というわけではないですけど。翌日の対談の資料を読む前や原稿の締め切り直前に、ちょっと仮眠のつもりが、うっかり寝過ぎてしまった時間を含めるとそれくらい寝ていると思います(笑)。昔は原稿を書くために徹夜をすることもありましたけど、最近は回復に時間がかかるので、まずは寝る。そうすると朝5時頃に危機感で目が覚めるので、そこから集中するようにしています」

 悲しいことがあったり、嫌なことがあったときも、“とりあえず寝る”ことに決めている。

「よく『阿川さんは悩んだり、くよくよすることなんてないでしょ?』なんて言われます(笑)。いつも元気な私にだって失敗して落ち込んだり、原稿が進まずイライラしたり、日々心を悩ませることはあるんです! そんなときはとりあえず寝ることにしています。人って時間があると考え過ぎちゃうから、どんどん悩みが深くなるんです。どんな嫌なことがあっても寝てる間は思い出さないで済むし、起きたらやらなきゃいけないことが一杯あるから、悩むのを後回しにしているうちに、時間が経って何が嫌だったのか忘れちゃう。“とりあえず寝る”ってどう? オススメしますよ」

寝心地の良さが決め手となったマニフレックス

 睡眠をこよなく愛する阿川さんが、今愛用しているのがマニフレックスのマットレスだ。

「10年近くウォーターベッドを使っていたんですが、昨年ある大きな出来事がありまして(笑)、引っ越しをすることになったんですね。さすがに長年使ってへたってきたので、この機会にベッドを買い換えようと、ネットで調べたり、ショールームを覗いて探していました。ただ、ウォーターベッドから普通のマットレスに移るのは、だいぶ寝心地が変わるから、なかなかこれ! というのが見つからなかったんです」

 そのときに出会ったのが、マニフレックスだった。

柔らかく包み込みながらも、しっかりと下から支えてくれるマニフレックスのマットレスが睡眠をサポートする。
柔らかく包み込みながらも、しっかりと下から支えてくれるマニフレックスのマットレスが睡眠をサポートする。

「青山のショールームで試しに寝てみたら、ふんわりと体を包み込んでくれるけど、沈み過ぎない。下からしっかりと支えてくれるんです。『あなたの思いどおりにはならないけど、あなたを支えます』ってマットレスが主張している感じ。これは気持ちいいなと、実感しました。そのあとも、ショールームの人がいろいろ説明をしてくれたけど、寝る側としては理屈はどうでもよくて、体感だけで人生の半分をマニフレックスと過ごしたいと、決めました」

 その場で2人分のマットレスを購入。

「私には合うと思っていたら亭主殿も『すごく合う、寝返りが少なくなった』と、満足しているようです。ただ本当に寝返りが少なくなったのかどうかは、見ていないから分からないですけど(笑)」

 今の悩みはマニフレックスで寝られない日があること。

「原稿を書くときや対談の資料を読まなければいけないときは、スタンドを点けていると亭主殿に悪いので、家庭内外泊といって、書斎で寝るようにしています。そこにはソファーベッドしかなくて……。マニフレックスと離れて寝ないといけないのが、悲しいです」

阿川さんが選んだマニフレックスの寝具


『ピロー グランデ』 17,076円、『T-75』(SD) 170,500円
床高30cmというロータイプのベッドボティ『マニ・ボディ 憩』 (S)92,000円※写真はイメージです。※価格はすべて税抜です。
『ピロー グランデ』 17,076円、『T-75』(SD) 170,500円 床高30cmというロータイプのベッドボティ『マニ・ボディ 憩』 (S)92,000円
※写真はイメージです。※価格はすべて税抜です。

【マットレス T-75】側地に快適な温度に保とうとする〈アウトラスト®〉を採用。芯材は〈エリオセルMF®〉と〈エリオセル・ソフト®〉の2層構造。体を優しく包み込みながらしっかりと支え上げる。少し柔らかめのマニフレックスマットレスの名品。阿川さんには、このセットをご愛用いただいています。

【枕 ピローグランデ】オーダーメイドのようにどんな人の頭部にもぴったりフィットし優しく支える。芯材には500個以上のエアホールが空いており、蒸れずに快適。ベストセラーの枕です。

INFORMATION

株式会社フラグスポート
〒107-0061東京都港区北青山3丁目5-5
お客様相談室
0120-008-604 
マニフレックスホームページ
 http://www.magniflex.jp/