昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「東大王」鈴木光が“師匠”と語る「教養ってなんだろう?」

瀧本哲史×鈴木光 東大ゼミ師弟対談 #1

ベストセラー『僕は君たちに武器を配りたい』などで教養論を説く瀧本哲史さんと、“19歳の新星クイズヒロイン”東大生の鈴木光さんは、実はゼミの師弟関係。「勉強って何のため?」をめぐっての初対談です。(全2回 #2はこちら

瀧本哲史さん(左)と鈴木光さん(右) ©文藝春秋

『東大王』とフジテレビの深夜番組『DEBATE』

瀧本 『東大王』ではずいぶん活躍しているみたいで。

鈴木 いえいえ、私は全然ダメなほうで……。テレビにも慣れません。

瀧本 実は僕も大学時代、深夜番組だけどテレビに出てたんですよ。

鈴木 えっ! どんな番組だったんですか?

瀧本 フジテレビの『DEBATE』という番組で、司会は栗本慎一郎。討論のトーナメント戦をやるんだけど、準決勝で僕は「アメリカはイラクを攻撃すべきか?」というテーマに当たったんですよ。相手が早稲田の雄弁会出身の自衛官で「東大生の諸君は勉強をすごくしているが、防衛専門家からするとちょっと違う」なんて反駁されて負けちゃった。向こうはプロだから本当かどうかもその場では検証できなくて「こんなのアリかよ!」っていう思い出がある(笑)。

鈴木 ディベートだけの番組なんて珍しいですね。

 

瀧本 当時はまだ「ディベート」という言葉もそれほど浸透していなかったからね。あと、『朝まで生テレビ!』のパネリストたちの後ろに学生がずらっと並んでるでしょう。あそこにも僕いたんですよ。

鈴木 先生は年齢も公開されないほど、ご自分のことは話さない方なので、これは貴重なお話ですね(笑)。

瀧本 『東大王』が始まって、また学生が呼ばれる番組が始まったんだあって、感じてますよ。

この記事の画像