昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

楠木 建
2018/04/17

入社式で「今こそ変革を!」と演説する社長を信用しない理由(前編)

楠木建の「好き」と「嫌い」 好き:創造的破壊者 嫌い:「激動期・変革」おじさん(&おばさん)

 あくまでも個人的な好き嫌いの話として聞いていただきたい。

 入社式で社長が新入社員に向けて演説をするとき、やたらと出てくる言葉に「激動期」「変革」がある。「今こそ激動期! だから変革を進めなければいけない」という話に続いて、「いまこそ皆さんの若い発想力と行動力で、わが社の変革を進めてほしい」。

©iStock.com

 入社式に限らず、この手の社長メッセージでは昔も今もこれからも「激動期・変革」が最頻出ワードであることは間違いない。

 社長の時局認識に大きな影響を与えている日経新聞、この日本を代表する経済メディアもまた「激動期・変革」というワードが大スキだ。どれだけスキかというと、恐るべきことに日経新聞は、僕が生まれてからの53年間に限ってみても、1年365日1日も欠かさず、毎日毎日「今こそ激動期!」と言っているのである。僕の生まれた1964年9月12日も、「新秩序迫られるIMF体制」という一面トップ記事(前日まで東京でIMFの総会があった)で、ちゃんと「激動期において改革の必要性を再認識」という話をしている。

©iStock.com

「激動」が長期間毎日続くというのは論理的にいってちょっとヘンなのだが、それはさて置き、僕はこういう「激動期・変革」おじさん(&おばさん&お兄さん&お姉さん)を信用しない。社長がこんな寝言を言っているようでは、会社は変わらない。「若い発想力と行動力」で何とかなるほど甘いものではないのである。

 日経新聞の指摘を待たずとも、世の中は変わっていく。当然である。だから変化に適応して、会社も変わらなければならない。当たり前である。ところがこの企業変革というのが難しい。おそらく経営者にとってもっとも難易度の高い仕事だろう。とりわけ、「出来上がった大企業」にとって、能動的な企業変革は絶望的といってもよいほど難しい。

この記事の画像