昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

30代女性の後ろから両胸を……逮捕された元仮面ライダーの“酒グセ”

フリーの役者として再出発したばかり

 仮面ライダーがマスクの下に隠していたのは単なる劣情だったのか……。警視庁は4月5日、路上で見知らぬ女性の胸を鷲掴みにしてけがを負わせたなどとして、強制わいせつ致傷容疑で青木玄徳(つねのり)容疑者(30)を逮捕した。青木容疑者は特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武(ガイム)」(2013年)への出演で知られる俳優だ。警視庁担当記者の話。

「3月4日午前1時半ごろ、東京都世田谷区の夜道で30代の女性に後ろから抱きついて両方の胸を揉んだ疑いが持たれています。すぐに逃走したようですが、現場には自分の写真入りPR資料を落としており、御用となりました。『酒を飲んで気が大きくなった。仕事が忙しかった』などと話しています」

 名前だけでピンと来る人は相当の舞台通だろう。甘いマスクの青木容疑者は「テニスの王子様」や「絶対彼氏。」など、人気漫画の舞台化作品にも数多く出演してきた。犯行時期は少女漫画の古典「パタリロ!」の舞台稽古の真っ最中。2次元と3次元をつなぐ“2.5次元”俳優としてキャリアを築きつつあった。

 青木容疑者を知る舞台関係者は「仕事には真面目で、役にのめり込む憑依型。『パタリロ!』の映画化が決まるなど、夏くらいまでスケジュールが埋まっていたらしい。共演女優を口説くなど女にもモテた。これから飛躍するはずだったのに」と残念がる。

 ただ、酒のトラブルには事欠かなかったようだ。

「酒が大好きで若干酒乱の気もあった。飲んでいると結構ネガティブなことを言って泣いたり、熱くなって事務所批判をしたりすることもあった」(同前)。稽古初日の顔合わせに「飲み過ぎ」を理由に遅刻してボサボサ頭で現れ、関係者を心配させたこともあったという。犯行当日も《懐かしのメンツ》《俺をボス扱いしてくれる最高の弟達》と、「テニスの王子様」の共演俳優との飲み会の写真をツイート。「酒と薔薇の日々」の一端がうかがえる。

 事件はまだ収まらなそうだ。捜査関係者は「同じ時間帯に同様の被害を訴える女性が他に3人いた。青木容疑者が関与したとみている」と話す。

 青木容疑者が「パタリロ!」で演じていたのは、美少年相手にセクハラを繰り返すバンコラン少佐。本当に憑依されては、周囲もたまらない。