昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ユーチューブを銃撃した39歳女性のゆがんだ“承認欲求” 

アグダム容疑者 ©AFP=時事

 相次ぐ銃撃事件に揺れる米国で今月3日、またもや発砲事件が発生した。標的となったのは、カリフォルニア州北部サンブルーノにある動画投稿サイト「ユーチューブ」本社。約1100人が勤務する同社に女が乗り込み、いきなり発砲、中庭で昼食を取っていた男性1名と女性2名が負傷した。犯人は、通報により駆けつけた警察官が建物を取り囲む中で自殺した。

 犯人の名は、ナシーム・ナジャフィ・アグダム(39)。サンブルーノからおよそ700キロ離れたサンディエゴ在住のイラン系移民で、動画を投稿し、再生回数に合わせて広告収入を得るユーチューバーだった。動画に付けられていた自己紹介によると〈ペルシャ系アゼルバイジャン女性のビーガン(完全菜食主義者)でボディビルダー。動物の健康かつ人道的な生命の権利を主張する活動家〉。

 その彼女がなぜユーチューブを襲撃したのか。

「ユーチューブが新たに運用し始めた規約に不満を持っていたようです。再生回数が30万を越える動画に対し、支払われた金額がたった10セントだったこともあり、自分のコンテンツが『不当な差別を受け、フィルタリングされている』と訴えていました」(現地紙記者)

 独身だった彼女は、事件数日前から家族との連絡が途絶えており、父親が捜索願を出していた。

「アグダム容疑者のユーチューブに対する強い怒りを知っていた父親は、警察当局に『娘がユーチューブに向かっている可能性がある』と通報していました」(同前)

 地元警察は事件発生の数時間前に容疑者が車中で眠っているところを発見したものの、“穏やかな態度”で、拘束の理由はないと判断。

「その後、容疑者は射撃場を訪れてから、ユーチューブ本社に向かいました。襲撃前に練習をしたとみられ、現地では警察の対応を批判する声が上がっています」(同前)

 「ニューヨーク・タイムズ」によると、アグダム容疑者は、イランでは有名なネット上のスターだったが、米国での生活に溶け込めず苦労していたという。

 歪んだ承認欲求の“はけ口”となったのが、ソーシャルメディアの運営本社だった。死亡者が出なかったのが、せめてもの救いだ。