昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

佳代さんとの間で金銭トラブルになってしまった男性がいる

 2017年12月初め、私の知人から思いがけない連絡がありました。「佳代さんとの間で金銭トラブルになってしまった男性がいるから、まずはその人の知り合いからちょっと話を聞いてあげてほしい」。眞子さまが圭さんと結婚すれば、佳代さんは義理の母になる人です。「そんな話、本当なのかな」。男性の知人から詳しい事情を聞くまで、半信半疑でした。

赤坂御用地内での秋篠宮ご夫妻、眞子さま、悠仁さま 宮内庁提供

 さっそくアポを入れて話を聞いてみると、「私の知人であるXさんが、小室佳代さんに貸したお金を返してもらえず、とても困っているんです」というのです。「その人、いくらくらい貸したんですか?」と聞いていくと、「前に婚約していて」と話し始めるので、頭が混乱しました。「眞子さまと圭さんが、っていうことですか?」「いえ、彼と佳代さんが」と明かしたんです。はじめは、その男性が佳代さんの元婚約者であるとは思いもよらなかった。これが本当なら大変なことになってきたぞ、と思いましたね。

Xさんから佳代さんに合計400万円以上が支払われていた

 Xさんの知人によると、佳代さんとXさんが出会ったのは今から約10年前のこと。佳代さんよりも年上のXさんが圭さんの進学先について相談を聞いたり、佳代さんと二人で旅行に出かけたり。Xさんの両親にも佳代さんと圭さんを会わせて、二人はお付き合いするようになったそうです。ご近所同士だったこともあり、小室家とXさんは家族同然の関係を続けていて、お付き合いを始めてから数年後の2010年9月に二人は婚約したということでした。

圭さんは2014年にICUを卒業 宮内庁提供

 取材を重ねるうちに、佳代さんへ振込みをした履歴が残っている預金通帳やメールのやり取りなどを確認することで、Xさんから佳代さんに合計400万円以上が支払われていたとわかりました。その内訳は、圭さんが通っていたICUの授業料や、大学3年生のときの留学費用200万円、アナウンススクールの授業料、二人の生活費などです。

この記事の画像