昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ガンダム好きも涙 スピルバーグの新作「レディ・プレイヤー1」を採点!――シネマチャート

〈あらすじ〉

2045年、人々はスタックと呼ばれる集合住宅で夢も希望もない生活を送っているが、若者たちはVRの世界〈オアシス〉で、アバターとしてもう一つの人生を楽しんでいた。ある日、〈オアシス〉を創設したジェームズ・ハリデーが亡くなり、〈オアシス〉内に隠された3つの謎を解き明かした者に、全財産の56兆円と〈オアシス〉を授けるという遺言が公開される。ハリデーに心酔する17歳のウェイド(タイ・シェリダン)は争奪戦に参加し、〈オアシス〉内で出会ったアルテミス(オリビア・クック)ら仲間5人と協力しながら、世界支配を目論む巨大企業IOI社を相手に激しい戦いを繰り広げる。

〈解説〉

スティーブン・スピルバーグ監督作。VRの世界にキングコングやガンダム、アイアン・ジャイアントら映画キャラクターが多数登場する、VFXを駆使したアクション・アドベンチャー。140分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆いくつか疑問を感じながらも、ぐいぐい見せられてしまう。映画史への敬愛ぶりも楽しい。スピルバーグならではの贅沢感。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆「なんでも撮れる」監督であることは認めるが、このスピルバーグとは戯れる気になれない。ウィンクされても困惑する。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆現実とゲームの出来事がシンクロしつつ展開する運びが超絶面白い。映画好きも失笑の、欲望と共有の辿り着く先は必見。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆団塊Jr.世代男子には抗い難い「80年代の子供部屋」。甘い郷愁の牢獄というアイロニーは『オトナ帝国の逆襲』に通じる。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★★全オタクと映画好きの理想郷をよくぞ集結させたスピルバーグ天晴れ!ガンダム好き感涙予報。動体視力を鍛えて挑め!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

INFORMATION

「レディ・プレイヤー1」(米)
4月20日(金)より全国にてロードショー 3D/2D/IMAX3D®/4D
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン、リナ・ウェイス、サイモン・ペッグ ほか
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/