昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“超”高齢化社会ニッポン。激動の「終活」ビジネス、いい業者の見分け方

今からはじめる我が家の終活Q&A

PRsource : 週刊文春 2018年5月3・10日号

都心に佇む高級感あふれる空間 上質な安らぎを備えた現代のお墓

應慶寺 光の華 目黒御廟 住職
樹谷淳昌 浄土真宗本願寺派
應慶寺 光の華 目黒御廟 住職
樹谷淳昌 浄土真宗本願寺派

 葬儀とともに終活で重要なテーマとして話題にあがるのがお墓である。葬儀同様、生前から準備する必要性が高いことがその理由ではないだろうか。

 お墓の悩みには先祖代々のお墓を守り継承していくケース、自分や配偶者が入るお墓を新たに探すケース、管理しきれない遠方の故郷のお墓を改葬するケースなどがある。

 お墓は墳墓、いわゆる屋外のお墓と納骨堂(室内墓)に大別される。近年、墳墓に代わるお墓として注目されているのが納骨堂である。

 今年1月に開業した都内最大級・9500基収容可能な目黒御廟を運営する應慶寺の住職、樹谷淳昌氏に納骨堂への疑問などを聞いた。

Q.納骨堂の申し込み後に供養料などの追加負担金はかかりますか?

A.目黒御廟は、JR山手線・地下鉄「目黒駅」から徒歩約3分、都心の一等地、緑豊かな閑静な住宅街にあります。そのため「高額で、追加負担金なども請求されるのでは?」と思われる方も多いようです。

 目黒御廟では79万円の価格帯(※)からご用意しており(他には106万円と130万円の2つのみ)、すべてに永代供養、永代使用権、法名(戒名)授与等を含んでいます。これに年度の護持会費1万5千円をお支払いいただくだけ。料金体系がわかりやすいことも好評です。

 葬儀・法要等には別途費用が掛かりますが、寄付等の強制はありません。

 都心の納骨堂とは思えない広々としたラウンジスペースや、低層住居専用地域ならではの眺望でもご好評いただいております。
(※)料金別にベーシックプラン(79万円)、スタンダードプラン(106万円)、ラグジュアリープラン(130万円)と3タイプを用意。

Q.お寺の納骨堂だと檀家になりお布施を納める必要はありますか?

A.目黒御廟は渋谷に本院を持つ、浄土真宗本願寺派の應慶寺が運営していますが、ご契約された方を檀家に勧誘することはありません。
 比較的お問い合わせの多いお布施については葬儀や法要の際に、料金の一環としていただきますが、明朗会計を徹底し、それ以外でお布施をいただくことはありません。

 また、お寺が運営するメリットとしては葬儀や法要もお受けしておりますので、一日葬から家族葬・一般葬や、各種回忌法要が執り行え、お食事もご用意できます。葬儀、納骨、法要、参拝のすべてを当寺で行うことができるのです。

 目黒御廟では宗旨宗派は問いません。キリスト教の方でもお申し込みいただけます。

 最近では、ペットと共にお墓に入りたいという方も増えているため「愛ペットウィズ」というプランもご用意しました。ペットの写真を銘板・モニターに入れられます。

Q.子どもがいない夫婦で申し込み。双方の死後、お墓はどうなりますか?

A.目黒御廟のご契約者には永代供養・永代使用権の権利が授与されます。

 永代供養とは、後継者が不在となった場合、永代にわたってお守りすることです。永代使用権とは、後継者がいる限り、ご使用いただける権利です。

 ご契約者にお子さんがいなくても、ご親族であれば、永代使用権を継承できます。また縁故者でも継承することが可能です。

 3年間護持会費のお支払いがない場合、所定の法律により、合祀墓にて永代にわたり、責任を持ってお守りします。万が一、無縁となられてもご安心ください。

 近年、生前墓需要に加え、故郷のお墓の「墓じまい」をして、改葬する需要も急増。目黒御廟では専門のスタッフがご相談を承り、スムーズなお墓のお引越しをお手伝いします。

生前墓の需要が示す“資産”としての納骨堂

 目黒御廟の納骨堂申し込み目的は生前墓が50%、新仏25%、改葬が25%だという。
 都心にあり、新幹線の停車する品川駅からもほど近い好立地とバリアフリーの整ったファシリティ。生前墓申し込みの多さは、従来のお墓にはない価値を有することの証明ともいえよう。

格調高い空間に安らぎが漂う納骨堂・目黒御廟

奥行のある広々とした空間のラウンジは心穏やかにくつろげる高級ホテルのような雰囲気
奥行のある広々とした空間のラウンジは心穏やかにくつろげる高級ホテルのような雰囲気
館内にはコンシェルジュが常駐。細やかに対応してもらえるのもホテルさながら。
館内にはコンシェルジュが常駐。細やかに対応してもらえるのもホテルさながら。
一般葬が行える100名収容可能な本堂。少人数でも対応可能な法要堂もある。
一般葬が行える100名収容可能な本堂。少人数でも対応可能な法要堂もある。
ゆったりとした参拝室は38室もあるので盆や彼岸時期でも混雑せず、花や焼香の準備も不要
ゆったりとした参拝室は38室もあるので盆や彼岸時期でも混雑せず、花や焼香の準備も不要
 
 

葬儀や葬儀後の手続き 法事などで特典満載
会員組織「應友会」​


入会すれば、葬儀や法事の割引や各種手続きを代行するトータルサポートが受けられるので契約者の9割が「應友会」に加入している。会員本人だけでなく、3親等の親族まで会員特典が受けられる。また、目黒御廟の契約と同時入会なら入会金3万5千円(年会費、積立金不要)のところ、3万円になるメリットもある。

應慶寺 光の華 目黒御廟

東京都品川区上大崎2‐10‐45
0120-696-381
https://meguro-gobyo.jp