昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“超”高齢化社会ニッポン。激動の「終活」ビジネス、いい業者の見分け方

今からはじめる我が家の終活Q&A

PRsource : 週刊文春 2018年5月3・10日号

低予算で都心にお墓を持つ! 改葬ニーズにも応える“駅近”納骨堂

天空陵苑 販売課係長
田中幸弘
天空陵苑 販売課係長
田中幸弘

 さまざまな観光スポットや新しい商業施設が立ち並び、今や訪日外国人にも人気の街として活況を呈する東京・浅草。まさに都心のこのエリアで、最寄駅の本所吾妻橋から徒歩2分、浅草駅からは徒歩8分という好立地の吾妻橋 天空陵苑。地元で“駒形鬼子母神”として知られる日蓮宗の法華寺が運営する納骨堂である。オープンから2年余りながら追加募集も行うほど申し込みも好調。その背景には現代のライフスタイルを機敏に捉えた細やかな提案がある。販売課係長の田中幸弘氏は言う。「まず、都心でアクセスが抜群によいこと。墓参のついでに浅草で買い物をしたり東京スカイツリーに寄ったり観光もできます。供花や香炉は常備し、朝9時から夕方6時までICカード1枚あれば、思い立ったときに手ぶらでいつでもお参りができる気軽さも好評のようです」。そう語る田中氏に、これからお墓の申し込みを考える方々にとっての共通する疑問点について聞いた。

Q.はじめてお墓を申し込みますが、何を基準に選んだらいいでしょうか?

御影石を使用し、供花や香炉を備えた清潔な空間の「天衣」。事前登録した写真をモニターに映すこともできる
御影石を使用し、供花や香炉を備えた清潔な空間の「天衣」。事前登録した写真をモニターに映すこともできる

A.まず気になるのは予算ですが、納骨堂は、大きな比率を占める墓石の購入が不要なため、費用面でのメリットが高いと言えます。お寺の場合にはお布施の金額を「お気持ちで」などと言われる場合があり、基準が曖昧でわかりにくいと不安を覚える方もいます。天空陵苑では具体的金額を明示し明朗会計を徹底しています。お墓の護持費も一括払いか年払いか選択でき、法要の際のお布施などもあらかじめ決められた金額をお知らせします。さらに、お寺にまつわる檀家制度や法要ごとの付き合い、寄付を煩わしいと考える方も多いため、檀家への勧誘は一切なく、回忌の案内などで法要を強制もすることもありません。ご自身の状況に合わせて無理なく申し込めることも納骨堂の魅力ではないでしょうか。

Q.お墓が田舎にあり、墓参も大変なので改葬を考えたいのですが……。

3階の天空デッキからは、真正面に東京スカイツリーのダイナミックな姿を見ることができる。墓参のあとは浅草観光を楽しんで帰るという人も多いという
3階の天空デッキからは、真正面に東京スカイツリーのダイナミックな姿を見ることができる。墓参のあとは浅草観光を楽しんで帰るという人も多いという

A.こういったケースは今後さらに増えていくと思われます。核家族化と地方の過疎化が進む中で、一人っ子または長子であっても上京し、そのまま生活の基盤が都市部で定着してしまうと、田舎に先祖代々のお墓があっても、親御さんが亡くなったあとに子供世代のご家族がそれを維持管理するのが困難なケースが出てきます。遠方だと自然に足も遠のき、移動にかかる時間や費用面でも負担が大きいからです。ご自身が年齢を重ねるにつれ不安を感じる方も多いようです。天空陵苑では、改葬、いわゆる“お墓のお引越し”もお受けしています。そもそも改葬は、手続きや手順が厳密に法律で定められており、「御魂抜き」や「開眼法要」なども必要となります。そういった相談にも専任のスタッフが対応しています。将来的に後継者がいなくなる心配がある場合も、一定期間経過後は永代供養墓へと移され寺院によって管理、供養されるので安心です。

 少子化が進み、今後ますます子供世代への負担が大きくなることが予想される中で、先祖代々のお墓をどう維持するかは悩ましい問題の一つです。時間と距離の課題をクリアできる点で、納骨堂は貴重な選択肢になるのではないでしょうか。

祈りの場が身近になり家族の絆が深まるお墓

 宗旨宗派を問わず自分の宗派のまま入れる天空陵苑。今どきのライフスタイルに合ったお墓を求める人に応える細やかなサービスが随所に感じられるがやはり、魅力は“都心”で“駅近”という点だろう。仕事帰りにふらっと立ち寄れる立地。浅草や東京スカイツリーなどの観光名所に程近く、新幹線(上野駅、品川駅)や空港(成田、羽田)から浅草へ直通電車も運行しているため、実際に観光を楽しみに地方の親戚が訪れるようになったという声もあるそう。大切なのは亡くなった人を想う気持ち。思い立ったときに、祈りを捧げ絆を深められる場所こそがこれからの家族が求めるお墓なのかもしれない。

予算に合わせて選べる!天空陵苑のお墓は3タイプ
リーズナブルな価格設定も、天空陵苑のお墓が人気を集める理由。家族向けから、最近注目のお一人様向けまで、金額も明快でわかりやすく安心。

 
 

ファミリータイプ
3階 天衣〈てんい〉(限定200基)

より贅沢な空間のデラックスタイプ
第2期特別価格 78万円​
※護持費(管理費)年間1万5千円
(50年分一括払い60万円<15万円割引>)


 
 

ファミリータイプ
2階 空翠〈くうすい〉(限定200基)

ご家族向けのスタンダードタイプ
第2期特別価格 68万円​
※護持費(管理費)年間1万5千円
(50年分一括払い60万円<15万円割引>)


 
 

お一人様用
1階 陵雲〈りょううん〉(限定100基)
お一人様用のパーソナルタイプ
第2期特別価格 48万円​
※護持費(管理費)30万円
(25年分一括払い)
5/1(火)より「陵雲・夫婦墓」の申し込み受付スタート!
詳しくは下記まで問い合わせを!

吾妻橋 天空陵苑

東京都墨田区東駒形3-23-9
0120-012-194
https://tenkuryoen.ivy-side.net