昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“美の総合商社”オスカーから社員が大量退社

 オスカープロモーションといえば芸能界屈指の大手プロダクション。「全日本国民的美少女コンテスト」を主催し、米倉涼子(42)、上戸彩(32)、菊川怜(40)、武井咲(24)、剛力彩芽(25)、藤田ニコル(20)など錚々たる女性タレントを擁する“美の総合商社”だ。

米倉涼子は事務所の危機に何思う……
本格的ドラマ復帰が待たれる上戸彩 ©時事通信社

 今、そのオスカーに異変が起きている。従業員数220名(HPより)、正社員はその7割程度といわれる同社から、昨年から今年にかけて40名以上の社員が立て続けに退社したのだ。その中には、昨年EXILEのTAKAHIRO(33)と電撃婚し、今春に第一子を出産したばかりの武井咲のマネジャーも含まれている。

全日本国民的美少女コンテストの会見に出席したオスカーの所属タレントたち(左から高橋ひかる、剛力彩芽、武井咲、河北麻友子、吉本実憂) ©getty

「タレントの信頼も厚い、有能なマネジャーでした。社内では武井の“デキ婚”の責任を取らされたともっぱらの噂です」(オスカー関係者)

 オスカーは古賀誠一社長(76)が一代で築き上げたオーナー企業。後継者と目されるのは役員を務める義理の息子だが、この人物の言動を問題視する声が上がっている。

「部下に厳しい規則を課し、無理難題を突きつけて些細なミスも許さない。パワハラに近い叱責を受けた複数の社員が自主退社に追い込まれた。ほかの役員は見て見ぬふりです」(芸能関係者)

 詳細は、4月25日(水)発売の「週刊文春」で報じている。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像