昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東大医学部卒の超エリートを待ち受ける「現実」とは?

『発達障害』岩波明×『医学部』鳥集徹 ホンネ対談 ♯3

 あらゆる大学、学部の中で偏差値の頂点を極めるのが、東京大学医学部医学科に進むコースの「東京大学理科Ⅲ類」です。日本の宝ともいえる天才たちが集まる名門ですが、臨床や研究の業績を見るともの足りないところもあるのが事実です。高偏差値の人には発達障害が多いとも言われますが、彼らのような“超エリート”は日本の医学界でどんな役割を果たすべきなのか。また、天才たちの能力を生かすためには何が必要なのか。​

 文春新書のベストセラー『発達障害』の著者で昭和大学医学部精神科の岩波明教授(東大医学部卒業)と、話題の新刊『医学部』の著者でジャーナリストの鳥集 徹さんが、「発達障害と医学部のリアル」を語り尽くしました(全3回)。

♯2 「天才肌の発達障害は本当に医学部に向いているのか」から続く。発達障害については、#1の解説<*「発達障害」とは──対談を読む前に──>をお読みください。

◆◆◆

東大医学部の卒業者が教授選に通らなくなっている

鳥集 拙著『医学部』の第1章に書いたんですが、私立大学の医学部教授を務める東大医学部OBが、「このところ、東大医学部の卒業者が教授選に通らなくなって、危機感を持っている」という話をされていました。岩波先生も問題だとお感じですか。

岩波 僕は自然な流れだと思います。日本の医学教育は、どの大学の医学部もレベルアップしていますから。昔みたいに東大、旧帝大プラス慶應が医学界の主流を独占するようなことは、今はほとんどありません。

鳥集 先生がお勤めの昭和大医学部も、1980年には東大医学部出身の教授が半数近くを占めていました。ところが調べてみると、今では東大出身の教授が減って1割未満となり、その代わりに自校出身の教授が半数近くとなっています。

岩波 各大学が設立された最初の頃は、東大、京大から教授を呼ぶしかなかったかもしれませんが、次の世代が育ってくれば、「母校出身者でいい」ということになりますよね。だから、当然のことだと思うんです。それに、臨床教育の中身は旧帝大も私大もそんな変わりません。むしろ臨床医を育てる面では、私大の方がいいところもいっぱいあります。

鳥集 東大医学部のOBの方々には、「自分たちのポストがなくなる」という危機感はないんですか。

岩波 あると思います。東大医学部のOBが集まる大学教授の会に出たときに、「学会に行っても東大出身の教授がいないので、すごく寂しい思いをしてます」なんてことを言う人がいました。

岩波明さん(左)と鳥集徹さん ©白澤正/文藝春秋

鳥集 ある50代の東大医学部出身の方に聞くと、同級生の半分ぐらいは大学教授をしているとのことでした。あとは有名病院の部長や院長を務める人が多く、開業医になる人が1~2割ということです。しかし、今、東大理Ⅲに入ってくる学生たちは、もしかしたらそんなに簡単には教授にはなれないかもしれません。

岩波 どんどんポストが減るんじゃないでしょうか。

まとめ役をやろうとしなくなってきた東大教授たち

鳥集 明治期には、各医学校とか医科大学には3人以上東京帝国大学医学部出身者の教授がいないと設立できない決まりがあったそうです。つまり国の方針として、東大医学部には日本の医学研究者や医学教育者を養成する役割がはっきり与えられていたわけです。もちろん今でも、東大が日本の医学部ヒエラルキーの頂点にあるのは間違いありません。ところが、多くの大学の医学部が力をつけてきて、東大医学部はそれらの大学の一つとして、埋もれつつある面もあります。だとすると、これから東大医学部はどんな役割を果たすべきだとお考えですか?

岩波 僕は、そういう流れで全然いいと思うんです。ただやっぱり、東大が東京にある意味は相当大きいです。中央官庁に近いので、国から研究費を獲得しやすい。必ずしも学会の長にならなくてもいいんですが、学会の中では全体を仕切ったり、オーガナイズしたりする役割を求められます。実際、僕のいる精神科でもそうですし、他の専門学会でもそういう面はあると思います。阪大でも京大でもいいのかもしれないけど、やはり東京から離れていると、まとめ役をするのは大変なんです。日本精神神経学会の前理事長は阪大の先生だったんですが、しょっちゅう東京に来なくてはいけない。今の理事長も九大の教授ですが、週に2回も3回も東京に来ています。

鳥集 それは大変ですね。そうすると東大医学部には、学会のまとめ役としての人材が求められているわけですか。

岩波 やるべきだと思いますね。むしろ現状は十分やれていないんです。東大の教授たちもまとめ役をやろうとしなくなったので、学会でどんどん存在感がなくなってきています。そういう批判は学会でみんなしています。ある意味、東大の義務としてやらなきゃいけないんだと。