昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ローカルのパワーはすごいがやき! 平成の薩長土肥が高知に集結

4月21日、「志国高知 幕末維新博」第二幕開幕

「志国高知 幕末維新博」第二幕がいよいよスタート。高知県立坂本龍馬記念館周辺で行われた開幕セレモニーには、鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県の各県知事が一堂に会し、エールを交換した。

坂本龍馬記念館前のシェイクハンド龍馬像を囲む平成の「薩長土肥」。右から佐賀県・山口祥義知事(大隈重信)、鹿児島県・三反園訓知事(西郷隆盛)、山口県・村岡嗣政知事(高杉晋作)、高知県・尾﨑正直知事(坂本龍馬)
Photograph:Hirofumi Kamaya
坂本龍馬記念館前のシェイクハンド龍馬像を囲む平成の「薩長土肥」。右から佐賀県・山口祥義知事(大隈重信)、鹿児島県・三反園訓知事(西郷隆盛)、山口県・村岡嗣政知事(高杉晋作)、高知県・尾﨑正直知事(坂本龍馬)
Photograph:Hirofumi Kamaya

 昨年3月に第一幕が開幕した「志国高知 幕末維新博」。高知が生んだ幕末維新の英傑たちの足跡を辿りながら、その志と息吹を肌で感じてもらおうという全県挙げての取り組みは大成功をおさめ、博覧会全体の入場者数は170万人を超えた。そして4月21日、いよいよ第二幕が開幕した。

 開幕イベントが行われたのは、この日グランドオープンをむかえた高知県立坂本龍馬記念館が位置する桂浜周辺。遥か太平洋を望む屋外広場には、朝早くから県内外の観光客が詰め掛けた。主催者である尾﨑正直高知県知事は「今年は明治維新150年。幕末維新博も幕末の動乱からさらに一歩進んで、明治の国づくりの物語をみなさんに見ていただきたい」と、力強く第二幕の開幕を宣言した。

グランドオープンをむかえた高知県立坂本龍馬記念館。第二幕のメイン会場のひとつだ
Photograph:Hirofumi Kamaya
グランドオープンをむかえた高知県立坂本龍馬記念館。第二幕のメイン会場のひとつだ
Photograph:Hirofumi Kamaya
高知県立坂本龍馬記念館の館内
Photograph:Hirofumi Kamaya
高知県立坂本龍馬記念館の館内
Photograph:Hirofumi Kamaya

 今回の開幕イベントには、鹿児島県(薩摩)、山口県(長州)、高知県(土佐)、佐賀県(肥前)、四県の知事が集結。さながら龍馬がとりもった薩長同盟の再現となった。明治新国家建設の中心的存在だった「薩長土肥」が再び手を取り合い、新しい日本をつくる原動力になろうと、郷土の偉人に扮した四知事はエールを交換し、シェイクハンド龍馬像を囲んで、にこやかに写真に収まった。

「志国高知 幕末維新博」第二幕は、高知県内25の会場で来年1月末まで開催されている。お見逃しのないように。

高知県と企業がタッグを組んで地方の魅力をアピールしようという「平成の海援隊」プロジェクト。開幕の日、DeNA Games Tokyoの井口徹也社長が高知県庁を訪れた。ゲームを活用した地方創生の試みに期待感が高まる
Photograph:Hirofumi Kamaya
高知県と企業がタッグを組んで地方の魅力をアピールしようという「平成の海援隊」プロジェクト。開幕の日、DeNA Games Tokyoの井口徹也社長が高知県庁を訪れた。ゲームを活用した地方創生の試みに期待感が高まる
Photograph:Hirofumi Kamaya

INFORMATION

「志国高知 幕末維新博」公式サイト
http://bakumatsu-ishinhaku.com/