昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“路線バス夫婦”太川陽介が語る、藤吉久美子との“関係修復カラオケ”

「今はとても平穏。逆に昔より平穏かもしれない」

 昨年末、小誌がドラマプロデューサーA氏との不倫疑惑を報じた藤吉久美子(56)。その夫・太川陽介(59)が夫婦の“今”を語った。

◆ ◆ ◆

会見で気丈に振る舞った太川陽介

 おしどり夫婦の危機を報じたのは小誌2017年12月21日号。太川といえば10年にわたりレギュラーを務めた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)が代名詞だが、皮肉にも妻の藤吉が、路線バスを使いA氏のマンションに通う様子や、コンサートのために泊まった宮崎のホテルで朝、同じ部屋から出てくる姿などを捉えた。

 小誌の発売当日、太川は会見で、ホテルではA氏にマッサージを受けていたと妻から説明された、と明かし、取材陣に「疑うよね!」と言いつつ「信じる。だってカミさんだもん」と擁護。

 一方の藤吉は同日夜に会見を行い、号泣しながらも不倫関係を否定し、「彼がいないと生きていけない」と太川に付き従っていく意思を明らかにした。

 太川が振り返る。

「彼女は中学生になる頃にお母さんを亡くして、『自分の力で生きなきゃ』と思ってきたみたいで、守ってもらうことがなかったというか……。『(今回の件で)自分は守ってもらっていると感じた。こんなに安心なんだ』と言ってましたね。年が明けた頃です」

 騒動から4カ月余り。藤吉の身にはいくつかの変化があった。

「所属していた青年座映画放送からの独立を予定していましたが、不倫報道後、再び話し合いを持ち、残留することに。事務所に出向いて『戻らせてください』と頭を下げたそうです」(スポーツ紙記者)

 1月末には代表を務める個人事務所「オフィスソニード」を閉鎖。念願の音楽活動を行うため、16年に設立した会社だった。

「コンサート会場選びやバンドメンバー集めなど、藤吉の音楽活動を全面的にサポートしていたのがA氏でしたが、完全に切れたようです。そうなると音楽活動を続けることはできない。独立もなくなり、ケジメとして会社を閉じたのでしょう」(藤吉を知る人物)

 3月18日には『路線バスで寄り道の旅SP』(テレビ朝日系)でテレビに復帰。太川が長年出演し、現在もナレーションを務める『ローカル路線バス~』のライバル番組だ。太川は立場がないのでは?

「それは……どうでしょう(笑)。(番組MCが)徳光和夫さんじゃなきゃ出ていない。結婚披露宴の司会をやっていただいたんですよ。(藤吉から相談を受け)『徳光さんだったらいいんじゃない』と。こういう時期に声をかけてもらえたのが有難かったから」(太川)