昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ジャニーズ事務所は「普通の会社」になったのか?

 変化の背景には、ジャニーズの“お家事情”があるという。

「一昨年、SMAPの独立計画が未遂に終わると、メリー喜多川副社長らはメンバーに番組で謝罪させた。ジャニーズは世間の反感を買い、公取が芸能事務所とタレントの契約問題に注視する契機にもなった。指揮を執っていたメリー氏は表舞台から姿を消し、ジャニー社長も『僕の会社じゃない』とボヤくばかり」(同前)

 代わりに実質的なトップに立ったのがメリー氏の娘、ジュリー氏だ。

「ジュリー氏は事務所のイメージ回復に躍起で、ネットへの画像解禁など、タブー視されていたことを次々に実施している。ジャニーズJr.と正式に契約を結ぶようになったのも今年に入ってから。V6の岡田准一が宮﨑あおいと結婚してすぐ、森田剛が宮沢りえと籍を入れたのも、旧体制では考えられないことでした」(事務所関係者)

今やジャニーズNo.1俳優・岡田と宮﨑
3月に入籍した森田と宮沢

 ジャニーズ退所と芸能界引退が同義であったのは過去の話。元SMAPの3人や赤西、Takaらは精力的に活動を続けている。

「逆に言えば、ジャニーズの力が落ちてきたということ。渋谷は会見でSMAP独立の影響を否定したが、既存の芸能界の枠に捉われない3人の活躍は、若い所属タレントに大きな刺激を与えている」(同前)

 普通の会社になった?