昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

稲垣吾郎×草彅剛×香取慎吾「元SMAPのホンネ座談会」#1(全文公開)

何か記念になるものを作りたかった

 2017年9月、ジャニーズ事務所から独立し、稲垣吾郎(44)、草彅剛(43)、香取慎吾(41)の3人は共通の公式ファンサイト「新しい地図」を立ち上げた。そして、11月にはインターネット放送局・AbemaTVで生放送した、『72時間ホンネテレビ』に出演。延べ視聴数はなんと7400万件超に達した。その後もSNS、YouTubeなど、活躍の場を広げ続けている。

 彼ら3人が出演する映画『クソ野郎と美しき世界』が、4月6日から2週間限定で全国公開されている(注・累計280,021人の観客動員数を記録し4月19日に終了)。4つの短編からなるオムニバス映画だ。1話目は稲垣が出演、映画『愛のむきだし』などで知られる園子温(そのしおん)が監督・脚本を務める『ピアニストを撃つな!』。2話目の『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は香取が出演、CM・舞台・映画と多方面で活躍する山内ケンジが監督・脚本を担当。3話目の『光へ、航(わた)る』は爆笑問題の太田光がメガホンを取り、草彅が出演。4話目『新しい詩』は3人全員が登場し、安室奈美恵や椎名林檎などのミュージックビデオを手掛けてきた児玉裕一が監督・脚本を務めた。

 映画の製作が公表されたのは昨年10月。「新しい地図」立ち上げの直後だった。公開約1カ月前、撮影の合間を縫って3人が一堂に会した。

(出典:文藝春秋2018年5月号/全2回・#2へ続く)

©文藝春秋

◆ ◆ ◆

何か記念になるものを作りたかった

香取 「新しい地図」を始めるにあたって、ありがたいことに賛同してくださる方が沢山いらっしゃった。その方々が「これをやったら面白いんじゃないか」「あんなこと出来たらすごいよね」と色々な提案をしてくださった。その中の一つが映画でした。

稲垣 新たなスタートを切るにあたって、何か記念になるものを作りたいなという考えは、3人ともにあって、話し合いを重ねるうちに、映画はひとつの形として残るからいいよね、と意見が一致しました。

稲垣吾郎 ©文藝春秋

香取 いざ「始めよう!」と決めたら、本当にトントン拍子に色んなことが決まっていった。だから僕らも、そのスピード感についていくのに必死でした。

草彅 タイトルも気が付いたときには決まっていました。すごくいいなと思いましたよ。

稲垣 いいよね。

草彅 「クソ」には「最低」という意味だけでなく、「最高」という意味もある。4つのエピソードの中には、本当に最高なクソ野郎から、最低なクソ野郎まで、ぶっとんでいるけど、愛すべきキャラクターばかり出てくるからね。

香取 それに「ぜひやりましょう」と手を挙げて下さった監督さんたちが、「クソ最高」な方ばかりで。お一人でも一緒にお仕事を出来たらすごいのに、4人も大集合してくださった。

 もちろん多少は僕らも意見は言うけれど、あんな凄い方々に「こう考えているからどうでしょう」と言われたら、嫌とは言えない(笑)。「ありがとうございます!」と言いながら日々やっている感じでした。

この記事の画像