昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

役名、まだなんです

香取 出演者が別の監督の現場に行くこともあったよね。吾郎ちゃんの話に出てきたセクシーな格好をした女の子が、僕の話にも出てきた。

稲垣 1話目の登場人物が2話目に再登場したりと、それぞれの作品は完全に独立しているわけではなくて、ゆるやかにつながっている。

香取 そのセクシーな女の子に、第2話の山内監督が色々と聞いていたんだよね。山内監督の方が先に撮影をするから、色々と確認することがあったみたいで。「園さんの第1話にも出演するんだよね?」「はい」って。「役名はまだ?」「まだなんです」。「園さんの方に出演しないってことはないよね?」「それはないと思いますけど…」みたいな。手探り感満載(笑)。

稲垣 大丈夫。出ていた(笑)。

草彅 僕のところにも、吾郎ちゃんのところに出ていた浅野さんが来ていたよ。

稲垣 そうだよね。

草彅 衣装の雰囲気がまったく違うんだよね。僕の話はみんな普段着みたいな大人しい恰好なのに、浅野さんだけ派手なキラキラした格好で登場してきた。

稲垣 本当? 太田さんのところでは、てっきり普通の格好で出るものだと思っていた。

香取慎吾 ©文藝春秋

香取 僕も撮影現場の写真を見てビックリした。

草彅 でもそれがいいんだろうね。別の世界観から来た人なんだなというのが、一目瞭然で、お洒落だなと思った。

稲垣 出演陣のみなさん、ものすごく意気込んで役作りをされていたんで、本当にありがたかったです。満島さんなんて、髪の毛をブリーチで緑色に染め上げて、しかも一部を刈り上げていたから、ほかの仕事が心配になってしまった(笑)。

香取 それにしても4月6日から公開で、1カ月前にまだ撮り終えていないってすごいことだよね。これまでけっこう短期間で色々な仕事をしてきたけれど、こんなスケジュールは過去なかった。

草彅 明日撮影なのに衣装合わせもさっきしたばかりだし。

香取 知り合いに言うと本当に驚かれるもの。「え?」って。

稲垣 監督さんによっては、けっこう編集作業に何カ月も時間をかける方もいる中で、公開までほとんど時間がない。

香取 だからそういった意味でも、今回撮影を引き受けて下さった皆さんには、本当に感謝したいです。そして上映館数は「クソ野郎」にひっかけて86館で、2週間という期間限定ですが、少しでも多くの方に見ていただきたいですね。

 AbemaTVで作っていただいた72時間の番組や舞台、CM、2020年の東京パラリンピックに向けての活動など、「新しい地図」を立ち上げたばかりで、どうしたらいいのかまだ道に迷っていた僕たちに、映画以外にも「これやりましょうよ」って言ってくださる方がいっぱいいてくださって、幸せの塊みたいな感じです。

稲垣 何もない状態から「また一から始めよう」と考えていた中で、想像していたより多くの方がいままで通り応援してくれたので、最初に思っていたよりも恵まれた状況でスタートを切ることができました。もちろん、これは始まりに過ぎないと思うけれどね。

元SMAPのホンネ座談会 #2へ続く)

※5月10日~6月9日まで、電子書籍で無料でダウンロードいただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CYK3XLG

©文藝春秋

この記事の画像