昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/05/13

 もちろん、葛藤はあったろう。羽生は誇り高い選手だ。難度にこだわり、いつだって、限界を目指してきた。

 しかし、平昌では、それは叶わなかった。足はまだ癒えていなかった。だから、そのときにできる演技を、彼はした。

 べつにそれは逃げではなかった。捨てることで、彼は道を開いた。ジャンプを封印しての勝負は、難しい。並の選手では不可能だと思う。でも、羽生にならできる。

 彼は、新しい挑戦をした。滑らかなスケートで、より美しく見せる。フィギュアスケートが、技術だけの競技ではないことを証明してみせたのだ。

 フリーの使用曲は「SEIMEI」。和の世界が、リンクに広がる。羽生が音を編み、紡いでゆく。4分半に13の要素だ。

どこもぼやけてない。魂が覚醒している

 冒頭の4回転サルコウ、トーループは完璧だった。(衣装の袖のせいか)羽衣をまとったように、見えた。降りたあとのランディングは流れるようだ。

©JMPA

 音に重なるように、ステップを踏んだ。音にゆだねるようにスピンを回った。ジャンプで着地が乱れる場面はあった。でも、それは、何も壊さなかった。演技も試合も、彼自身も、である。

 痛み止めを服用している演技には、見えなかった。どこもぼやけていない。魂が覚醒している。羽生結弦は、ため息が出るくらい美しかった。

 フリーの得点206.17、総合317.85。それで十分だった。彼は痛みを抱え、戦い、勝った。フィギュアスケート史に、煌めく歴史を加えた。鮮やかに、名前を刻んだ。決して、色褪せない名前を、だ。

©JMPA

 会見で、彼はこんなことを話した。

「(大会前は)何より、勝ちたいという気持ちでいました。勝たないと意味がない。この試合は、とくにそうです。大事に、大事に結果を獲りにいきました」

「怪我が思ったよりひどくて、練習がなかなかできなくて。それでもできることを探りながら頑張ってきました」

「オリンピックという、僕がいちばん大切にしている大会で、また金メダルを獲れたのをすごく誇りに思います」

 2011年東北で起きた大震災の被災者へ思いを馳せた(羽生は仙台の出身だ)。周囲への感謝を礼儀正しく、語った。

 口調は淡々としているが、ためらいがなかった。プライドを感じる。静かで、心地の良い興奮が、その場を支配していた。

 羽生結弦が、平昌でチャンピオンになった。オリンピック2連覇の偉業を成し遂げた。演技後、彼は雄叫びをあげた。ファンの投げる「くまのプーさん」が、リンクにどんどん降った。

 これが私の知っている、ふたつき前の「興奮」についての話だ。

©JMPA

オール讀物 2018年 5月号

文藝春秋
2018年4月21日 発売

購入する

この記事の画像