昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1000人以上にがんを告知した医師が見た「前向きながん患者さんがしないこと」

森山紀之医師インタビュー #3

2018/06/05

 最近、注目が高まっている免疫療法。手術、放射線治療、化学療法の3大治療に続く「第4の治療」ともいわれていますが、実際研究はどこまで進んでいるのでしょうか。気になる緩和ケアについても、森山紀之医師に教えていただきました(全3回の3回目/#1#2より続く)。

森山紀之医師

前向きな人ほどいい結果が出る

──どんな状況でも前向きに生きようとする姿勢がいい結果につながる、というのにエビデンスはあるのでしょうか?

森山 分析もデータもありませんが、前向きな人ほどいい結果が出ることはあります。「なるようにしかならない」なんて、本当は医者なら言うべきではない言葉ですが、最後にどうなるかを考えてしまうと必ず悪い方を考えますから、「死ぬときは死ぬんだから」と開き直ることも、ある意味大切なのかなと思います。私の妻は透析患者です。透析をすることになると「あと何年生きられるの」「どれくらい苦しいのか」「むくみがひどいんでしょ」など、最悪の状況を心配する方が多いんですが、妻は「死ぬときゃ死ぬんだから」といって、落ち込んだり悪いことを考える代わりに、毎日明るく過ごしています。

──透析は肉体的にも精神的にもきついですよね。

森山 もちろん苦しい日もあると思います。でもそんな日は「今日はきついんだ」とゲーッと吐いて「わあ、さっぱりした」などとやって、もう9年になります。科学的に生きている私が言うのもおかしなことですが、毎日お化けが出るんじゃないかとビクビクしたり、仕事をクビになるんじゃないか、会社が潰れるんじゃないかと心配したりしている人に、幸せな人はいませんよね。がん治療にも同じことがいえる部分はあると思います。妻はがんではありませんが、前向きに生きることでよい結果につながっている好例だと思います。

 

「免疫力」を利用して、がん細胞への攻撃力を高める

──最近免疫療法が「第4の治療」といわれ、注目が高まっているのも、「気持ちを前向きに保つことでいい結果につながる」というのと似たようなことなのでしょうか。

森山 単にそういうわけでもないんです。免疫療法は、もともと体内に備わっている患者さん自身の「免疫力」を利用して、がん細胞への攻撃力を高める治療法です。今までどの治療法でも効果がなかった症状が改善したケースもあり、多くの医者が期待しています。しかし効果や副作用に関する科学的根拠はまちまちで、標準治療を上回る成績がまだ出せていないのが現状です。今はちょうど過渡期なので、まだ値段が高すぎるなどの課題も多く残っていますが、大きな可能性があることは間違いありません。世界中で研究が進んでいますので、この分野の研究は今後飛躍的に進んでいくと注目されています。

この記事の画像