昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載尾木のママで

『鉄腕DASH』を楽しみにしていた子供達の心――尾木ママ語る

尾木のママで

2018/05/20
イラスト 中村紋子
イラスト 中村紋子

 山口達也さんの強制わいせつ事件には本当に驚いた。何がショックかって、彼が司会を務めるテレビ番組を通じて知り合い、出演していた女子高生が被害に遭っていること。

「男の部屋に行く方が悪い」「自分が親だったら娘に夜八時以降の外出は禁止する」など、まるで被害者に落度があるかのような意見がネットには溢れているけど、チョット待って! 被害者は、大人が保護すべき未成年。さらに、今回の事件は、進路として芸能界を視野に入れている若者が力ある「上司」に呼ばれたようなもの。たとえ気後れしていたとしても、断る選択はしにくかったはず。「パワハラ」構造も透けて見えるわ。

 信頼していた憧れの相手から受けた心の傷はどれほどか。未成年者の進路や夢に重大な影響を与えかねない罪深い行為。被害者バッシングは本当に止めてほしいですね。

 TOKIOはアイドルグループの中でも子供達や青少年に大人気で、希望や夢を与えてくれる存在。全国の大勢の小中高校生や親子、多くのファンが日曜夜七時からの名物番組「ザ!鉄腕!DASH!!」を観て元気をもらい、月曜日に備えている。特に肉体派で運動神経抜群の山口さんは色々な「限界」にチャレンジする言わばヒーロー。失望した子供達の心が慮(おもんぱか)られる。

 山口さんがジャニーズ事務所から契約解除され、今後グループは四人で活動していくことになったわね。彼らが支援してきた被災地の福島県も、福島県産農産物のイメージキャラクターとしてTOKIOを起用し続ける方針だし、東京オリパラフラッグツアーのスペシャルアンバサダー活動も継続される模様。

「ガチ」が魅力の彼らが、今後も全力で心ある活動を続けていくこと。それが被害者、そして子供たち含め多くのファンが望んでいることじゃないかしら。ボクもその姿に注目していますよ!