昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“お姫さま抱っこ”から6年 前田敦子の新たな恋と成長

“AKB不動のセンター”もすっかり大人の女性 ©文藝春秋

 元AKB48、前田敦子(26)に新たな恋が発覚した。

「昨秋熱愛が報じられたアパレル会社役員との破局が伝えられた矢先、ドラマで共演歴のある勝地涼(31)とデートする姿を『FLASH』が撮影。両事務所とも『プライベートは本人に任せています』と口を揃えていますが、勝地も戸田恵梨香(29)など共演者キラーと言われているだけに、進展に注目です」(芸能デスク)

 前田の恋愛の軌跡は、AKB48を卒業し“恋愛禁止”から解放されて以降、本格的に描かれるようになった。

「12年8月に卒業した翌月、泥酔、号泣する前田を佐藤健(29)がお姫さま抱っこする姿を週刊文春が報じたのが始まり。翌年に歌舞伎役者の尾上松也(33)との熱愛が発覚と、女優の仕事ではなく男の話が絶えない前田でしたが、松也との仲は2年近く続いた。一時は“梨園の妻”の座に座るかとも思われたが松也の浮気が報じられ万事休す。その後は松田翔太(32)との熱愛報道もありましたが、松也以上に長く続いた交際はない。本人は3年前のトーク番組で『40歳までに結婚できればいい』と悠長な発言。松也との破局で結婚願望は薄れたと見られています」(同前)

 その変化は、仕事への取り組みにも影響を与えていると映画記者は指摘する。

「AKBで共にセンターを張った大島優子(29)が昨年海外留学し、同じ事務所の前田に期待が集まったという背景もあるが、最近は主演に拘らず演技の幅を広げ、コンスタントに映画やドラマに出演。今年もWOWOWやテレ朝の特番ドラマに続き、今月18日公開の映画『のみとり侍』に出演。今秋には小泉今日子(52)らが顔を揃え、また勝地も出演する映画『食べる女』が控えている。朝ドラなどで頭角を現した川栄李奈(23)とともに、まずはAKB卒業生の出世頭と言ってよい」

『のみとり侍』では小間物問屋の気性の激しい鬼嫁を演じる前田。恋も役柄も、もはやアイドル卒業か。

「女優らしからぬ泥酔姿が報じられ、また松也との破局で一時は女優生命のピンチとまで言われましたが、その経験が女優意識を目覚めさせた。“女優は恋で磨かれる”の典型でしょう」(同前)

 覚醒あっちゃん、女優としてもセンターに座れるか。