昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

園子温が語る「日本の女性たちが自由を使いこなすために必要なこと」

『愛のむきだし』をはじめ、鮮烈なヒロイン像で熱狂的な支持を集めてきた園子温監督が3年ぶりのエッセイ集『獣でなぜ悪い』(文藝春秋)を上梓した。吉高由里子や満島ひかりらとともに現場でもがいた苦闘の日々や現代日本の閉塞と向き合った、女性論にして自由論だ。監督を務めるハリウッド進出作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド/Prisoners of the Ghostland(原題)』の製作発表もされた現在の思いを語った、野性味あふれる特別インタビュー。

女性の商品化に異議申し立てをしたい

『獣でなぜ悪い』(園子温 著)
『獣でなぜ悪い』(園子温 著)

――園監督はこれまで数々の作品において、観客の度肝を抜くような新鮮なヒロイン像を打ち出してこられました。女性の人物造形の豊かさ・奥深さは、園子温映画における重要な要素ですが、今回なぜ女性をテーマに本を書いたのでしょうか。

 これまでは自分の来歴や映画について書いたエッセイが多かったんだけど、今回は女性たち、女優たちについて正面きって取り組んでみたかったんです。なぜなら、自分の人生の大半は女性によって支えられていたし、女性が主人公の映画を撮ることで面白いものが生まれ、そこから大きなパワーをもらってきたから。

 しばらく前に『アンチポルノ』(2017年1月公開)という映画を撮りましたが、最初「ポルノ映画をとれ」という指示がきて、でも僕は絶対ポルノ映画は作りたくなかった。だから“アンチ”ポルノ映画にしようと、女性をセックスの商品として扱うことが、ある種の市民権を得ている日本の状況に対して、僕なりの異議申し立てをしたいと準備を進めていた時にちょうどこの本の話がきました。女性たちについて深く考えるのは面白そうだったから引き受けたんだけど、あとから考えたら大変なテーマでしたね(笑)。

園子温 ©平松市聖/文藝春秋