昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元ホークスのモテ男・浜名千広さんに聞いた“困ったファンあるある”

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/06/09

 今、思う。プロ野球の長い歴史の中で、これほどまでに女性ファンが多い時代はなかった。各球団の女性ファンがたびたび取り上げられ、タカガール、カープ女子、オリ姫などブランディング化にも成功している。また、応援スタイルによっては男性パートと女性パートに分かれた応援歌があるので、かつてはおっさんの憩いの場とされていた野球場は、女性ファンがいないと成立しなくなっている。

タカガールデーのヤフオクドーム ©加藤淳也

 ヤフオクドームではタカガールデーという超人気の応援デーがある。ベースも電光掲示板の文字も含めて野球場がピンク色に染まり、来場する女性全員にピンクのタカガールユニフォームが配られる。この2018年シーズンは初めて2日間にわたって開催され大成功を収めた。年間通して設置されているタカガールシート(1塁側内野の基本は女性の為に作られた席)も見た目と座り心地の良さで人気を集めている。

見た目と座り心地の良さで人気を集めているタカガールシート ©加藤淳也

 福岡は男女問わず“野球好き”の多い街。ホークス戦士の華麗でダイナミックなプレーに心を掴まれる。ただ、タカガールはやはりイケメン選手のチェックは常に欠かさない。ハートマークが浮かび上がってそうな瞳をキラキラ輝かせて、スタンドから熱い視線を送るタカガールの皆さん。ただ、夢中に御贔屓の選手を追いかけ過ぎて、少しだけ我を忘れてしまうこともあるようだ(笑)。もし万が一、わたくしカト淳が現役イケメン選手の皆さんに『困ったファンっています?』と問いかけたところで、きっと『いや、ファンの方は皆さんありがたいですよ』としか返答はないだろう(笑)。うーん、本音が聞きたい……。別に悪意があるわけでなく、応援する側も、応援される側もずっとハッピーであってほしいから! だから現役ではないかつてのイケメン選手に根ほり葉ほり聞いてみることにした。

車にキスマーク 浜名さんが現役時代に困ったこと

 わたくしが知る限り、野球界随一のモテ男と記憶しているのは元ダイエーホークス戦士の浜名千広さん! さっそく電話で趣旨を伝えてお会いすることにした。

野球界随一のモテ男だった元ダイエーの浜名千広 ©時事通信社

 その電話でのやりとりはこうだ。

筆者「現役時代の困ったファンのエピソードがもしありましたら少しお聞きしたいのですが……」

浜名「少し? そんなんいっぱいあるよ。山ほどあるけど記事まとまる?」

 躊躇することなくエピソードがあふれ出そうだったので、福岡RKB毎日放送の野球解説者として活躍する浜名さんのテレビ出演終わりにオシャレなカフェで待ち合わせをした。

浜名「一番困ったのは、いや、むしろ困ったというより気色悪かったというほうが正しいかな、試合が終わった後に向かったドームの駐車場で……」

 会うなりいきなりの爆弾発言。

 ナイターが終わってシャワーを浴び、福岡ドームの選手駐車場へ行くと、当時数千万円で購入した超高級スポーツカーのボンネット部分がほんのり赤くなっている異変に気付き、顔を近づけてよく見てみるとキスマークがついていたというのだ。
しかもキスをする為に支えたと思われる両手の手形もバッチリと(笑)。

 浜名「野球選手は趣味に没頭する時間がないから、愛車が唯一の趣味って人が多いのよ。その愛車に触れられるのが本当に嫌だったなぁ。しかも唇って……。あっ、それと試合が終わってから帰るときのドーム周辺でも愛車に関することで思い出したよ」