昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

モルガン、グーグルで働いた著者が実践する「新しい価値を生み出す働き方」とは

『ニューエリート』(ピョートル・フェリクス・グジバチ 著)――ベストセラー解剖

2018/06/06
『ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち』(ピョートル・フェリクス・グジバチ 著)

 社会主義体制下のポーランドで生まれ、90年代に民主化による社会の激動を経験し、ドイツ、オランダ、アメリカを経て、現在は日本に在住。日本暮らしは17年以上にわたり、職歴にはモルガン・スタンレーやGoogleといったグローバル大企業の名前が華々しく並ぶ。そんな個性的なキャリアの著者が書いた「働き方」の本が売れている。

「とてもおもしろい方なので、著者本人の考え方や人となりにフォーカスした、楽しい本にしようと考えながら編集しました。著者の働き方は今はまだ特別です。でも近い将来、多くの人がこうした働き方をするのではと思っています」(担当編集者の鈴木萌さん)

 2020年代の「成功者」とは、新しい価値観を提供し、他者への貢献を通じて自己実現する人である。変化する世界でチャンスを掴むには、常に学び続ける姿勢が重要だ。著者自身の体験にくわえ、連続起業家の孫泰蔵氏など、幅広い交友を元にした豊富な実例を引いて示される「働き方」の提言は、どれも刺激的だ。

「安定していると思えた大企業が不祥事で経営を傾かせたり、AIの急速な進化で仕事が失われると言われていたりするのを見て、誰もが『現状のままではまずい』と感じていますよね。でも未来のビジョンはなかなか見えて来ない。そんなとき、著者のように日本の内と外の視点を同時に持つ方の意見は、大きな参考になるのでは」(鈴木さん)

2018年2月発売。初版7000部。現在7刷5万5000部

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

ピョートル・フェリクス・グジバチ(著)

大和書房
2018年2月23日 発売

購入する