昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“日本一の美爆音”習志野高校吹奏楽部とロッテ応援団、異例のコラボの舞台裏

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/06/18

 敗戦後に指揮官が口にしたのは高校生への感謝の気持ちだった。6月14日にZOZOマリンスタジアムで行われた横浜DeNA戦。外野スタンドには習志野高校吹奏楽部250人が陣取り、千葉ロッテマリーンズと異例のコラボ応援を行った。全国屈指の実力で名を馳せる同校吹奏楽部。“日本一の美爆音”と称されるその演奏でマリーンズナインを外野から強烈に援護射撃をした。試合は残念ながら延長の末に敗れたが井口資仁監督は素晴らしい応援を繰り広げ選手たちを鼓舞してくれたことを感謝した。

「素晴らしい企画でした。選手たちは本当に勇気をもらった。感動しました。負けてしまったのは本当に残念だけど、またこういう機会をぜひ設けて欲しいなあと思います」

 報道陣にそう口にするとチームを代表して若き指揮官は頭を下げた。

習志野高校OBの福浦和也も感謝

 それはベンチにいた誰もが同じ思いだった。金森栄治打撃コーチは「涙が出ました。素晴らしい応援でした」と振り返る。鈴木大地内野手も「素敵な企画だなあと感じました。なにか今までのプロ野球にはない特別な空間がそこに広がっていた。鳥肌が立ちました」と話す。

 なによりも8番DHでスタメン出場をした同校OBの福浦和也内野手には特別だった。背番号「9」が打席に入ると高校野球の応援で有名な「レッツゴー習志野」が演奏された。「後輩たちの素晴らしい応援にすごく力をもらった」。残念ながら後輩たちにヒットを打つ姿を見せることが出来なかったが20歳以上も年の離れた後輩たちから大きな力をもらったようだ。

ZOZOマリンスタジアムの外野スタンドで応援する習志野高校吹奏楽部の部員たち ©梶原紀章

 ZOZOマリンスタジアムを包み込んだ今までにない独特の雰囲気。それは選手、ファンだけではなく高校生にとっても新鮮だったようだ。同校吹奏楽部の部長を務める齋藤俊太さん(3年生)は「招待していただきありがとうございました。高校野球とはまた一味違ったプロ野球の応援は、最初は戸惑いや分からないことが多く、大変な部分もありましたが、ロッテ応援団の方をはじめとする沢山の方々の支えがあり、無事に終えることができました。また本番当日では、応援団の方やサポーターの方々と一緒に球場を盛り上げることができ、とても楽しく、そして勉強になりました。この経験を生かし、これからも全力で頑張りたいと思います」とコメントした。

 吹奏楽部のメンバーは6月24日に幕張メッセイベントホールで開催される「野球応援コンサートEXPO」に出場する。そして7月にはいよいよ全国高等学校野球選手権千葉大会が開幕する。甲子園出場に向けて今回のプロ野球での経験を糧として応援はさらに磨きがかかりそうだ。