昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「二世好感度ランキング」小泉進次郎がV1達成。ワースト1は女性タレント

「週刊文春」のアンケート新企画「好きな二世」「嫌いな二世」の調査で、「好きな二世」部門において、小泉進次郎(37)が2位に大差をつけてトップに輝いた。

「好きな二世」1位の小泉進次郎 ©文藝春秋

 芸能界、政財界からスポーツ界まで、有名人を親に持つ各界“二世”たちの好感度ランキングを、文春メルマガ読者の投票で決めてしまおうという新企画。アンケートは2017年12月25日から2018年1月31日まで約1カ月にわたって、文春オンラインの無料メルマガ会員を対象に実施され、下は19歳から上は86歳まで、全体で2600超の回答を集めた(男性56%、女性44%)。

 結果、「好きな二世」部門では、2位に俳優の佐藤浩市(57)、3位に女優の杏(32)が入った。また、進次郎だけでなく、兄で俳優の小泉孝太郎(39)も5位にランクインした。

「好きな二世」2位の杏 ©文藝春秋
小泉孝太郎も5位にランクイン。小泉兄弟は強かった ©時事通信社
 

 一方、「嫌いな二世」部門では、大物お笑い芸人と大物女優の娘(20代タレント)がワースト1に。首相経験者や、事件を起こした“不祥事系”二世などがランキング上位に名を連ねた。

 それぞれのトップ30のランキングと、メルマガ会員の回答は、6月7日(木)発売の「週刊文春」で4ページにわたり詳報する。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像