昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

離婚で大ダメージの中山美穂 CM契約料急落でいまいくら?

「この町に住んでいる日本人をご存知ないですか?」

 日本から飛行機とバス、タクシーを乗り継いで50時間以上。日傘も差さず、汗だくで聞き込む“ミポリン”こと女優・中山美穂(48)。

 先月放送された「世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間SP」(テレビ朝日系)で、アルゼンチンの田舎町に住む日本人を訪ねたのだが……。

「スニーカーにGパン姿で、キャリーバッグ片手に汗だくになりながら砂利道を歩く姿はある意味斬新。『どうしよう』と戸惑うシーンはドラマで見せたことのない表情だった」(芸能プロ関係者)

「世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間SP」(テレビ朝日系 5月1日放送)より

 1985年、14歳でデビュー。フジテレビの“月9”ドラマ「すてきな片想い」(90年)などの主演作が大ヒットを記録、“月9の女王”として一時代を築いた中山。2002年に作家・辻仁成氏(58)と結婚した後はパリで順風満帆なセレブ生活を送っていたが、14年の離婚で一変する。

「夫と子供を捨て、別の男性に走ったという構図が大逆風になった。拠点を日本に移したがイメージは回復していない。最近は積極的にバラエティ番組に出演するなど、なりふり構わないようにみえる」(テレビ局関係者)