昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「統一」を夢見る韓国にとって、ドイツが「成功例」にならない理由

旬選ジャーナル 目利きが選ぶ一押しニュース

2018/06/18

▼〈統一は「かなわぬ夢」か、南北朝鮮がドイツになれない訳〉4月26日、ロイター通信(筆者=Josh Smith)

 韓国は今「統一」という甘い幻想に酔っている。それは2月の平昌五輪への北朝鮮選手団の参加に始まり、4月の韓国芸術団平壌公演で盛り上がり、4月末の南北首脳会談で頂点に達した。

平昌五輪に出席した各国首脳 ©JMPA

 北朝鮮の指導者としては史上初めて、金正恩委員長が韓国側の地域を訪問したことで大きな話題となった首脳会談。残念ながら「非核化」のための明確な表明がない、物足りない結果だったというのが世界の評価だ。しかし、少なくとも韓国内の評価は違った。現状では、両首脳が対話し、協力を表明しただけなのだが、まるで今にも南北の統一が実現するかのようなお祭り騒ぎが始まったのだ。

〈平壌冷麺〉、〈金剛山〉、〈兵役〉が検索上位に

 それが最も分かり易く表れたのが〈株価〉と〈ネット検索キーワード〉だ。株式市場では南北経済協力への期待から鉄道、建設、送電関連株が急騰。ネットの検索キーワードランキングでは〈平壌冷麺〉、〈金剛山〉、〈兵役〉というキーワードが上位を占めた。〈平壌冷麺〉と〈金剛山〉は北朝鮮旅行に対する期待、〈兵役〉は統一したら軍隊に行かなくて済むかもしれないという若い男性たちの願望の表れだ。

韓国政府中央庁舎 ©iStock.com