昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」6月号

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/06/13

2、交流戦順位

 5月27日からはじまりました2018年度交流戦の6月11日までの順位と、残りの日程・テーマをお伝えします。

1位 北海道日本ハム 3試合 5213HIT
2位 東京ヤクルト  3試合 5132HIT
3位 読売巨人軍   2試合 3752HIT
4位 広島東洋    2試合 3293HIT
5位 千葉ロッテ   2試合 2797HIT
6位 ソフトバンク  2試合 1601HIT
7位 東北楽天    2試合 1507HIT
8位 横浜DeNA     2試合 1305HIT
9位 埼玉西武    2試合 1339HIT
10位 オリックス    1試合 1186HIT
11位 阪神       2試合  961HIT
12位 中日       1試合  359HIT
(全3試合/6月11日現在)

【交流戦残りの予定】
6月13日 東北楽天(河内) × 中日(代打) 対戦テーマ「星野仙一」
6月14日 ソフトバンク(田尻)× 巨人(死亡遊戯) 対戦テーマ「学ぶ」
6月15日 オリックス(木村) × 横浜DeNA(西澤) 
6月16日 東北楽天(かみじょう)× 阪神(市川) 対戦テーマ「高校時代」
6月17日 埼玉西武(中川)× 中日(若狭) 対戦テーマ「松坂大輔」

3、5月期の個人タイトル

5月期 最優秀コラム賞
5月6日「衣笠祥雄さんから教わった“生きていくうえでたいせつなこと”」
広島東洋カープ 杉作J太郎

 4月23日に亡くなった元広島の衣笠祥雄さんへの想いに溢れた名文でした。圧倒的な感謝と因果。追悼文としても類稀なる傑作でありますが、長年野球を見ているうちに凝り固まってしまった「かくあるべき」という野球観が解けてゆくような筆致は、いろんな常識に囚われがちになっている野球ファンにこそ読んでもらいたいです。それにしても杉作さんという方は、なんて心の清らかな人なのでしょうか。衣笠さんへ哀悼の意を捧げるとともに、5月の最優秀コラム賞に決定させていただきます。

5月期 ベストゲーム賞

5月13日「DeNA(西澤 千央) 1412 ― 1302 ヤクルト(真中 満)」

 昨年まで東京ヤクルトスワローズの監督だった真中満氏。4月の初登板時にはいきなり3470HITを記録し、パ・リーグ千葉ロッテ鈴木大地選手と同じく、圧倒的なインパクトと揺るがない強さを誇示しました。対するはこれまでの文春野球で数多くの問題作を世に投げかけてきた西澤主婦という異色の対決。真中氏の王道ストレート解説に対して、西澤主婦は十八番の妄想倉本主婦コラムで挑むと、最後まで大接戦を繰り広げた末に西澤さんが勝利を収めました。真中さんはとばっちりかもしれませんが、力の均衡した素晴らしい戦いでした。

◇首位打者
【打率=HIT数÷PV数(記事が閲覧された数のうち何割がHITを押したか)】

セ・リーグ5月期打率
1位 .263 高森勇旗(横浜DeNA)
2位 .258 松嵜 麗(ヤクルト)
3位 .229 長谷川晶一(ヤクルト)
4位 .223 真中 満(ヤクルト)
5位 .207 西澤千央(横浜DeNA)

パ・リーグ5月期打率
1位 .409 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .385 DOMI(オリックス)
3位 .235 えのきどいちろう(日本ハム)
4位 .223 堀江良信(オリックス)
5位 .219 中川充四郎(埼玉西武)

セ・リーグ通算打率(5月31日現在)
1位 .218 伊藤智仁(ヤクルト)
2位 .217 西澤千央(横浜DeNA)
3位 .192 真中 満(ヤクルト)
4位 .191 高森勇旗(横浜DeNA)
5位 .167 若狭敬一(中日)

パ・リーグ通算打率(5月31日現在)
1位 .324 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .289 鈴木大地(千葉ロッテ)
3位 .204 えのきどいちろう(日本ハム)
4位 .167 かみじょうたけし(東北楽天)
5位 .164 田尻耕太郎(ソフトバンク)

5月期の首位打者は
セ・リーグ 高森勇旗(横浜DeNA)
パ・リーグ 斉藤こずゑ(日本ハム)

◇本塁打王
【本塁打=記事1本あたりのHIT数】

セ・リーグ(月間)
1位 4215 プロ野球死亡遊戯(巨人)
「巨人ファンが見る『35歳 亀井善行』の野球人生は、まるで極上の名作映画である」(5/5)
2位 3294 松嵜 麗(ヤクルト)
「辛いことも苦しいことも、大切なことは神宮球場が教えてくれた」(5/27)
3位 3108 長谷川晶一(ヤクルト)
「元ヤクルト・今浪隆博が語った“突然の病”と“引退の理由”」(5/6)
4位 2568 菊地選手(元巨人)
「元・巨人ファンが球場で目撃した『岡本和真・吉川尚輝』の底知れぬ魅力とは?」(5/18)
5位 2337  Kameyama(巨人)
「レギュラーを失った巨人・阿部慎之助が“まだ終わってない”理由」(5/11)

セ・リーグ(年間)
1位 8080 長谷川晶一(ヤクルト)
「4.19広島-ヤクルト戦 ビジパフォ席で私が目撃した『あるトラブル』」(4/22)
2位 4215 プロ野球死亡遊戯(巨人)
「巨人ファンが見る『35歳 亀井善行』の野球人生は、まるで極上の名作映画である」(5/5)
3位 4197 松嵜 麗(ヤクルト)
「声優・松嵜麗は、なぜ福岡出身なのにヤクルトファンになったのか」(4/25)
4位 3650 真中 満(ヤクルト)
「真中満前監督がヤクルトを『4位』と予想した根拠」(4/8)
5位 3550 Kameyama(巨人)
「菅野智之が大谷翔平に2倍以上の大差をつけている記録とは?」(4/8)

パ・リーグ(月間)
1位 2959 中村奨吾(千葉ロッテ)
「“決して足は速くない”ロッテ・中村奨吾の盗塁が増えた理由」(5/16)
2位 2570 斉藤こずゑ(日本ハム)
「日本ハムのドラ2ルーキー・西村天裕が大切に飾っている1枚の色紙」(5/31)
3位 2353 斉藤こずゑ(日本ハム)
「日本ハム・玉井大翔の活躍で思い出す盛田幸妃さんの言葉」(5/17)
4位 2348 梶原紀章(千葉ロッテ)
「ロッテ・福浦和也がミーティングの席でしみじみと語ったこと」(5/29)
5位 2213 木村 幹(オリックス)
「南北首脳会談に学ぶ、オリックスのチーム状況を変える方法」(5/1)

パ・リーグ(年間)
1位 3654 鈴木大地(千葉ロッテ)
「開幕3連戦を終えて ロッテ・鈴木大地の想い」(4/5)
2位 2959 中村奨吾(千葉ロッテ)
「“決して足は速くない”ロッテ・中村奨吾の盗塁が増えた理由」(5/16)
3位 2806 えのきどいちろう(日本ハム)
「ボッコボコの日本ハム 僕は石川直也を絶対、見捨てない」(4/4)
4位 2570 斉藤こずゑ(日本ハム)
「日本ハムのドラ2ルーキー・西村天裕が大切に飾っている1枚の色紙」(5/31)
5位 2476 斉藤こずゑ(日本ハム)
「日本ハム・鶴岡慎也に言いそびれていた『おかえりなさい』の言葉」(4/18)

5月期の本塁打王は
セ・リーグ プロ野球死亡遊戯(巨人)
パ・リーグ 中村奨吾(千葉ロッテ)

◇勝利数
【勝利=対戦における個人の勝ち星】

5月期 勝利数セ・リーグ
1位 2勝 プロ野球死亡遊戯(巨人)
     長谷川晶一(ヤクルト)

5月期 勝利数パ・リーグ
1位 2勝 えのきどいちろう(日本ハム)
     斉藤こずゑ(日本ハム)
     梶原紀章(千葉ロッテ)

年間勝利数セ・リーグ
1位 5勝0敗 プロ野球死亡遊戯(巨人)
2位 2勝0敗 松嵜麗(ヤクルト)
    2勝0敗 西澤千央(横浜DeNA)
    2勝0敗 藤田勇次郎(広島)
    2勝1敗 長谷川晶一(ヤクルト)

年間勝利数パ・リーグ
1位 4勝1敗 えのきどいちろう(日本ハム)
    4勝1敗 かみじょうたけし(東北楽天)
3位 3勝0敗 斉藤こずゑ(日本ハム)
    3勝1敗 田尻耕太郎(ソフトバンク)
4位 2勝0敗 加藤淳也(ソフトバンク)
    2勝1敗 DOMI(オリックス)
    2勝3敗 梶原紀章(千葉ロッテ)
    2勝3敗 河内一朗(東北楽天)

 以上になります。受賞された皆さまおめでとうございます。熾烈な個人タイトル争いにもご注目ください。