昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載クローズアップ

水川あさみ「一人の女優としての『反抗』ができたかな」

連続ドラマW『ダブル・ファンタジー』――クローズアップ

「私がこれまでチャレンジしたことのなかった世界に真っ向から“挑んだ”作品です」

 官能描写の激しさから、長らくドラマ化は困難とされてきた村山由佳さんの『ダブル・ファンタジー』が、水川あさみさん主演でWOWOWで放送される。中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞、と文学賞三冠達成の原作はいま読んでも衝撃的だ。

水川あさみさん

 悩み、傷つきながらも夫以外の男性たちと関係を持ち、自らの生きる道を懸命に模索する主人公・高遠奈津(たかとおなつ)を、水川さんは体当たりで演じている。

「セクシャルなシーンを演じたことはありますが、本作はとびきり官能描写が激しくて、お話を頂いた時には果たして私で務まるのかと不安でした。でも反面、こんなチャンスはない! とも思いましたね」

 原作に惚れこんだ御法川(みのりかわ)修監督からは「女性らしい女性、“女性の神話”を撮りたい」と細かな指示があったという。

「監督の思い描く奈津よりさらにいいものを、という気持があったので、現場で歩み寄りながら作り上げていった感じです。奈津は一筋縄ではいかない女なので(笑)、大変でした。自分の気持に嘘がつけない、素直でありたい。だからこそ自身も苦しむ。その真っすぐな姿に打たれます」

 原作文庫の上巻オビはクールビューティなアップ写真、下巻のオビは一転、ヌーディかつセクシー。男性ファンは書店で「ジャケ買い」では?

「どうなんでしょう? もしそうなら嬉しいですね」