昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安倍昭恵夫人“独演会” 森友「無反省音声」公開!

 森友問題への関与の疑いが再浮上している安倍昭恵夫人(56)が都内で開かれたトークショーで登壇し、胸の内を赤裸々に語った。

トークショーのチラシ

「3月初めに朝日新聞が森友文書の改ざんスクープを放った5日後には、改ざんに関わった近畿財務局職員が自殺。周囲から活動の自粛を求める声が相次ぎ、しばらく“自宅謹慎”していました。安倍首相も『さすがに家で落ち込んでいる』と語っていた。ところが5月下旬のロシア訪問の頃には、すっかり元気を取り戻し、活動を再開したようです」(官邸関係者)

 昭恵氏が姿を現したのは6月14日、セラピストの三宅マリ氏と胎内記憶を唱える産科医の池川明氏のトークショーだ。サプライズゲストとして紹介され、熱弁をふるった。

独演中の昭恵氏

「私もいろんな事があって、たくさん批判をされて、その批判を糧にしたいなと思っています」

「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」

 15分間にわたるスピーチからは、森友問題等について反省する様子は見られなかった。

会場をあとにする昭恵氏

 6月21日(木)の「週刊文春」では、“独演会”の一部始終を報じる。昭恵氏の音声を収録した関連動画は「週刊文春デジタル」で公開される。

※この記事の全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像