昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「カイロ大首席卒業」のウソ 小池百合子の苦しすぎる言い訳

卒業証書にも疑惑が…… ©文藝春秋

「卒業証書もあり、大学も卒業について認めております。なお、公職選挙法上はカイロ大学卒業ということのみを記載しています」

 6月15日、記者会見で学歴詐称疑惑について、こう釈明したのは小池百合子東京都知事(65)だ。

 発端は、6月9日発売の月刊『文藝春秋』。小池氏が公言してきた「カイロ大学卒業」に疑義を呈する記事が掲載されたのだ。

 これまで小池氏は雑誌のインタビュー記事などで“華麗な経歴”を披露していた。

〈ちょっと自慢になりますが、カイロ大学では、首席で卒業したんです〉(『週刊大衆』1985年9月30日号)

〈卒業のとき、一番で出たんです〉(『週刊女性』1980年6月10日号)

 さらに、自著『振り袖、ピラミッドを登る』(講談社)のプロフィール欄にも「首席で卒業」と明記している。

 中東研究者が語る。

「公開されている彼女の卒業証書には成績が〈良〉と記されていますが、〈良〉は6段階評価の上から3番目。卒業の時期も1976年10月となっており、これは追試を受けて卒業したということになる。首席だったとは到底考えられません」

 しかし、会見で小池氏は「首席卒業とは断定できないということか」という質問に、

「先生から『非常に良い成績だったよ』とアラビア語で言われたことは憶えていて、喜んでそれを書いた」

 と説明にならない回答に終始した。