昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ドカベン完結! 里中満智子が語る不思議な縁

最新刊の表紙を飾るのは山田、中西、里中(下)

 野球漫画の代名詞、水島新司氏(79)の『ドカベン』が、6月28日発売の「週刊少年チャンピオン」で完結する。1972年の連載開始以来、『大甲子園』『プロ野球編』『スーパースターズ編』『ドリームトーナメント編』と描き継がれ、単行本は通算203巻に及ぶ。

“気は優しくて力持ち”の最強スラッガー、ドカベンこと山田太郎の相棒として、女性読者の人気を一身に集めてきたのが“小さな巨人”ことエースの里中智だ。

「『身体が小さくて女の子っぽいキャラを出したいんだけど、君のイメージと名前を使ってもいい?』と聞かれて、『可愛く描いてね』って答えました。“彼”が活躍すると私も嬉しかった。自分の分身のようなキャラクターですから――」

 46年前の思い出をそう語るのは、『アリエスの乙女たち』などで知られる漫画家の里中満智子さん(70)。実は、里中智の名前は里中さんに由来するのだ。

里中氏 ©共同通信社
作者の水島氏 ©文藝春秋

「水島さんは満智子の“満”と“智”のどちらを使うか考えて、満は『巨人の星』の花形満のイメージが強いから、智と名付けたんです。現実の野球界の動きを取り入れつつ、しかも登場人物が歳を重ねながら進むストーリーを描くのは大変なこと。でもだからこそ、イチローさんはじめ現実の野球選手も賛辞を呈するほどのリアルな作品になった。偉大な漫画だと思います」(里中さん)

新潟市中央区の商店街に設置されている山田太郎の銅像 ©文藝春秋

 詳細は6月28日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

※この記事の全文はYahoo!ニュースで購入できます。

この記事の画像