昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「アホや」オリックス誤審問題 認めさせたのは“ミスター・リクエスト“こと福良監督

集まって協議する審判団 ©共同通信社

「誤審を正すために今季から導入した“リクエスト”が、大誤審を生んだわけで、何とも皮肉です」(ベテラン記者)

 問題となったのは、6月22日のオリックス対ソフトバンク戦。3対3の同点で迎えた延長10回表、二死一塁の場面でソフトバンクの中村晃が放ったライトポール際の打球はファウルと判定された。これに対して工藤公康監督がリクエストすると判定が覆り、決勝ホームランとなった。

 その瞬間、当の中村の唇は「マジ!?」と動いていたのがハッキリと分かり、彼は試合後にも「ファウルかと思っていた」とコメント。

 ところが試合後、オリックスの福良淳一監督の執拗な抗議を受けた審判団が再検証を行ったところ、試合終了から約1時間後、責任審判が「最初のジャッジ通りファウルでした」と誤審を認めたのだ。

 一体なぜそんなことが?

「(試合中と試合後に)同じ映像を見たが、リプレー検証の仕方が間違っていた。コマ送りのシーンがズレていた」(友寄正人審判長の説明)

 開催中のサッカーW杯でも話題になっているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による正確な検証を見慣れたスポーツファンからすると、何とアナログな、という印象は否めない。

「NPBにはカネがないので限られた数のカメラによる映像をコマ送りするしかない。角度によっては、相当難しい判断を迫られることもある」(前出・ベテラン記者)

 球場ごとに独自のカメラを設置し、その映像をニューヨークの本部の専門スタッフが一元的にジャッジするというMLBのリプレー検証とは雲泥の差があるのが実情だ。

 一方、地元関西の記者からは、こんな声も――。

「アホや。何で審判団は試合終了後に抗議を受け入れたんや。突っぱねるべきやで。目視でやってる限り、間違う可能性はある。いちいち、こんなことしてたらキリがない」

 だが相手が福良監督だったことも、無視できないという。

「実は12球団の監督の中でリクエスト成功率(リクエストしてジャッジを覆した率)1位の福良さんは、“リク王”とか“ミスター・リクエスト”とか言われているんです」(スポーツ紙デスク)

 オリックスは、NPBに問題の場面からの再試合を求めている(6月25日現在)。